MBA留学中のテネシー州ナッシュビルからお届けします。 Presented from Nashville, TN!
by vandytaku
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ハンブルクへ
プラハで5日間過ごした後、列車で7時間かけてドイツのハンブルグに来ました。
ハンブルグといえばハンザ商人の港町として有名ですよね。
久々においしい魚料理を楽しめるんじゃないかという期待感、、、。
プラハとは打って変わって町の雰囲気が明るくてみんなお洒落です。
b0043019_21153611.jpg

プラハで歩き回ったために、ここでゆっくりと休養して、インターネットで家族や友人たちと連絡を取ったり、この後で訪問する会社のロンドン事務所の皆さんとメールで打ち合わせをしたり。

夜は市庁舎の地下にあるレストラン「Ratsweinkeller」(有名らしいです)でうなぎのスープと鮭とヒラメのグリルをいただく。久しぶりの魚料理は非常にうまいです。
b0043019_2116642.jpg

ここハンブルク、意外と日本人の方を見かけます。観光客という雰囲気でもないのですが、駐在されてる方なんでしょうか。
[PR]
# by vandytaku | 2005-06-03 21:02 | 旅行
念願のチェコ・プラハへ
また日記がずいぶんと飛んでいるんですが、
無事WHUでのサマーコースが昨日終了し、今朝、「Germanwing」という格安航空会社でチェコ共和国のプラハに来ました。(なんと片道50Euro程度)
b0043019_221751.jpg

日本人の方が経営されている民宿(安い!)にお世話になり、5日間滞在する予定です。
丁度WHUで知合った巨漢のテキサス出身の女性Aと飛行機が一緒ということで、市街まで一緒に来ましたが、周りの注目を浴びまくってました。さらに今日は彼女とディナーをご一緒するという約束を(彼女によって無理やり)させられてしまいましたが、ポジティブにプラハの夜をエンジョイしようと思います。

プラハには前から来てみたかったので、本当に楽しみです。
b0043019_21124417.jpg

[PR]
# by vandytaku | 2005-05-28 23:08 | 旅行
スイスへ
サマーコースは3週間のプログラムということで、週末が2回あります。
クラスの皆にはアムステルダムがこの最初の週末の行き先としては超人気。見てると、皆行くから俺もアムステルダムに行くわ、という右へ習えな人も多く、意外に個人主義と言われているアメリカ人も外国じゃあ固まって団体行動してるじゃねーか、という印象です。

さて、私はというと、この週末はスイスに行くことに決めていました。というのも、例のタイ人のクラスメートのPがスイスのVeveyという所にあるネスレの本社で働いている友人を訪ねてスイスに行くことになっていて、一緒にスイスを案内してもらうことになっていたのです。
その友人T(女性)は現在ネスレのAudit Team(監査グループといった所でしょうか)に所属していて、プロジェクトごとに世界各地のネスレの支社を訪れ、監査をするという仕事をしています。今までタイやオーストラリアなどでプロジェクトを終えて、今回スイスに3ヶ月滞在し、監査を行う予定とのこと。Pとは高校、大学、研究室まで一緒ということで、一番の友達なのだそうです。(ちなみに最初は彼女かと思ったのですが、どうやらそうじゃないらしい)

で、またPらしいことに、ここでトラブルが発生。
実際にメールで当日の待ち合わせや旅行プランなどを打ち合わせて、いざPが出国となったときに、Pからメールが来て、「ごめん、実は空港で足止めされて行けなくなっちゃった」との連絡が。

よくよく聞いてみると、サイトで航空券を予約したときに、クレジットカードの利用限度額の上限に引っかかってしまったらしく、実際には航空券が購入できていないのにもかかわらず、気づかず当日空港に行ってひっかかってしまった、とのこと。
一体全くこのPは頭がいいんだか悪いんだかよくわからない。。。。

で、残された自分とTはお互い初対面ということで、どうしようか、という話になったのですが、せっかくの機会なんだし、会って一緒に旅行しようよ、ということになりました。

スイスのVeveyはLozanneの近く、ジュネーブ湖のほとりにあります。コブレンツから約7時間、4回ほど列車を乗り換えて到着です。
b0043019_22513474.jpg
ジュネーブ湖。当日はあいにく雨。。

b0043019_22524852.jpg
b0043019_22531675.jpg
ネスレ本社。湖のほとりに建っていて、どの部屋からも湖が一望できます。


列車を降りると、いかにもキャリアウーマンという感じの、でもタイ人らしい人懐っこい笑顔の女性が迎えに来てくれていました。
色々とお互いに自己紹介をしながら、ホテルへ。彼女もプロジェクト期間中はホテル住まいなんだそうです。港のすぐほとりの小さいこじんまりとしたホテルです。イタリア人経営ということで、1Fでとりあえず遅い夕食をとりながら話をして、翌日のプランを練って就寝。

それにしてもスイスは非常に物価が高くて驚きます。普通のシングルを安く予約してもらったんですが、日本円に換算すると1万円以上、、、。
[PR]
# by vandytaku | 2005-05-13 22:24 | 旅行
ECB訪問
今日は今回授業を担当している先生の主催で、フランクフルトにある欧州中央銀行を訪問しました。
現在のサマーコースでは、主にヨーロッパのECとユーロ統合に関してのトピックについて学んでいるのですが、こうやって実際にその舞台と中枢を見学することができ、非常に良い経験をしました。

ECBはシャウシュピールハウスというオペラハウスの向かいにあるビルに入っています。
空港並みのセキュリティチェックの後、専用のエスカレーターでプレスルームへ。ここは世界各地の記者への会見が行われる部屋で、何度となくテレビで放映されていたのを覚えていたのですが、こうやって実際に記者席に座ると、感慨深いものがあります。
b0043019_2173013.jpg

ユーロがプリントされた包装紙にくるまれたお洒落なチョコやクッキーなどが飲み物と一緒に最初にサーブされるのですが、NYで経験したプレゼンの雰囲気とはまた違う雰囲気で、どことなく歴史の深さやお洒落なセンスを感じさせるものでした。さすがヨーロッパ。

二人のアナリストによるプレゼンの後で質疑応答だったのですが、担当されたアナリストの方のパーソナリティが素晴らしく、非常に充実した訪問になりました。

ちなみに夜はライン川近くのMaxwell Brewryでクラスメートと他のコースの人たちとの交流会。今回はケースウェスタンからこられている二人の日本人の方とも知合いになることができました。

勉強はかなりきついですが、刺激的な毎日で非常に一日が長く感じられるセミナーです。
本当に来てよかった!
[PR]
# by vandytaku | 2005-05-11 07:08 | 勉強
WHUサマープログラム スタート
今日からWHUの夏の交換留学プログラムの開始です。
WHUは、ドイツ唯一のオフィシャルなビジネススクールで、ドイツではかなりの名門。ミシガンやケロッグともジョイントで国際プログラムを主催したり、世界中のビジネススクールと交流を行っています。とはいうもののまだ歴史は浅く、フルタイムの大学院としてのプログラムも今年からスタートということです。

b0043019_2153076.jpg
昔の富豪の邸宅を改修して利用している旧校舎

b0043019_21532211.jpg
授業が行われる新校舎


校舎自体もOwenと比べると非常に小さく、こじんまりした印象です。

WHUは2セクションの同一内容のサマープログラムを主催していて、それぞれの学校のテストなどのスケジュールに応じて、選択できるようになっています。私が参加したのは後半のセクション2。

Owenのほかには、Columbia, Michigan, Indiana, Olin, SMU, UNC, Case Western, NYU などなど、これはまた全米の名門校から学生が集まってきています。
皆本当にいい人たちで、すぐに仲良くなることが出来ました。特に皆海外に興味がある人たちの集まり、ということで、もしかすると普段のOwenのコミュニティーよりもっと親密な関係を築くことが出来るかも、というくらいフレンドリー。

この日の夜はコブレンツのダウンタウン(自分が滞在しているホテルの近く)でパーティ。
ここでWHUのPHDのプログラムを受講中のドイツ人二人と知合いになることが出来たのですが、色々とドイツねた、日本ねたで盛り上がりました。

普段から「オレは一番だ!」ということで自信たっぷりのアメリカ人と比べて、やはり自動車産業などのハイテク産業で直接競争をしている影響なのか、ドイツの人たちは非常に親日で日本人を尊敬している反面、かなり日本を静かにライバルとして認識しているそうで、そういう意味でも日本に対して興味がある人が多いんだそうです。

色々と興味深い話を聞くことができましたが、またこの辺の話はおいおいアップして行きたいと思います。
[PR]
# by vandytaku | 2005-05-09 21:29 | 勉強
ドイツに来ています。
昨日、WHUの留学のためにドイツのフランクフルトに来ました。
実際には今日集合でバスで学校のあるコブレンツに向かう予定です。

ナッシュビルからフランクフルトまでは約10時間、私はマイレージの関係もあってアメリカン航空利用でシカゴ乗換えでした。
今回の旅行は(相変わらず)トラブル続きで、まずは帰りの日程を6月6日にしていたはずなのに、旅行会社のミスで6月8日になってしまっていたということに気づいたことにはじまり、シカゴからの便で通路側の席をとってもらったはずなのに、アメリカン航空のにいちゃんのミスで3列シートど真ん中にされてしまったことと、挙句の果てにうるさいイタリア人のおばちゃんツアーに周りをロックされて一睡もできなかったこと、さらに隣のおばちゃんは機内なのに毛皮のコートを着たまま座っていて、毛皮が当たってむちゃくちゃ暑かったことなど。
なんかModIVから苦難の日々が続いていますが、そろそろ抜け出したいです(泣)。

フランクフルトでは、同じくプログラムに参加されるOさんと待ち合わせのはずだったのですが、しばらく待った後、掲示板に大幅に遅れると出たので、先にホテルに向かうことにしました。
ホテルは中央駅(Hbfと略します)のすぐ横のSavoy Hotel。便利だし、綺麗なホテルです。
後から分かったのですが、実際にはちゃんと遅れることなく到着していたらしく、私がホテルに到着したあとしばらくしてOさんもホテルに到着。丁度迎えにもう一度空港に行こうと思ってたところに到着されたので、行き違いにならずに済んでよかったです。

で、Oさんとフランクフルト市内観光。
実は私は既に来たことがあるので、どちらかというとおさらい、という感じでしょうか。ハウプトヴァッフェ、レイマー広場、アルトオペラやマイン川、ゲーテハウスなどの定番スポットを徒歩と市電で観光。

レイマー広場前のレストランでビールとシュニッツェル(とんかつって感じかな?)をいただく。ウマい!
久しぶりですよ、ちゃんとしたおいしい料理食べたのは。いろんな人がドイツ料理ってくどくて嫌いという人もいますが、個人的にはおいしいと思います。でも、こっちのビールはアメリカの薄いビールと比べて飲み応えがあるんですよね。アルコール度数も強くて一杯でかなり酔っ払います。

外観が王冠のようになっていることから名づけられたフランクフルト名物の洋酒のケーキ、フランクフルタークランツを食べようと思っていたのですが、土曜の夕方ということもあって、店が早くしまってしまったため実現できず。まあ、多分コブレンツでも食べられるかなと思うので、また次の機会にとっておくことにします。
b0043019_14152034.jpg

久しぶりのフランクフルトは相変わらず雨でしたが、アメリカと違って歴史や文化の奥深さを随所に垣間見ることができて、非常に楽しかったです。
町にしても人間にしてもちょっとした装飾にセンスの違いを感じたりするんですよね。

宿に帰ってからは速攻で熟睡してしまいました。
[PR]
# by vandytaku | 2005-05-07 14:17 | 旅行
ModIV打ち上げ
ファイナンス専攻の皆は今日がテスト終了日の人が多かったこともあり、
いつものメンバーでModIVの打ち上げを開催。
P.F.Changで食事をして、そのあとFlying Saucerという、昔のナッシュビル鉄道駅の一部をリニューアルして作られたオサレな飲み屋に行く。
二年生のNさんがここの常連で、オススメしもらったとこなのですが、飲み屋にもかかわらず、大きなソファーセットがいくつも置いてあって、くつろげるのでいいです。

みんなはこの夏インターンに行ったり、旅行にいったりとそれぞれ世界各地で楽しいプランがあるようで、会話もとても盛り上がりました。特にドイチェに決まったタイ人N嬢は今までかなりインタビューに苦労していたということもあって、かなりハメ外しまくり。

で、その後はBar23というバー兼クラブへ。ここ、ナッシュビルで一番のバーという評判なのですが、確かにお洒落です。ナッシュビルっぽくない(笑) ミュージックロウの近くにあるので、多分音楽関係者の人とかが来たりするんでしょうね。
一階と二階が吹き上げでつながっていて、下がバーとダンスホール、上もダンスホールになっています。夜中3時くらいまでいたのですが、Undergraduateの若い子たちで賑わっていて、盛り上がってたなー。でも個人的には選曲がちょいイマイチかな。前に行ったNVの方が楽しめたなぁ。

それにしても、他のクラブもそうなのですが、かかっている音楽がほとんどHipHopとかなんですよね。テクノ系とかハウス系とか少ないような気がする。
アメリカはどこもそうなのかなぁ?
[PR]
# by vandytaku | 2005-05-06 14:21 | つれづれ
ModIV 終了(感動)
先ほどInformation Technology and e-commerceのTake Home Examを無事提出し終えて、ModIV終了しました!
はあ、あっという間だったけど忙しかったです。
特に毎週違うマーケティングモデルを学ぶMarketing Engineeringはプレゼンありレポートたくさんあり、という具合で非常にハードでした。

さて、本来はこれから夏休みに入るところなのですが、私は今週金曜からドイツのWHUに交換留学に行ってまいります。EU経済とEUビジネスに関するコースを履修する予定で、もうすでに最初の授業のケースが郵便で送られてきたのですが、結構こちらも厳しそうなので、気を抜かずに頑張りたいと思います。。。
まだぜんぜん準備してないので、明日頑張って準備しなきゃ。

ちなみに今日はカリフォルニアにあるディズニーランド開業50周年だそうです。
あまり私の周りでは話題になっていませんが、TVコマーシャルなんかもやっていて静かな盛り上がりを見せているらしいです。
今年はこの絡みで色々と各地のディズニー施設でイベントなど行われるらしいですので、楽しいかもしれませんね。
ただし単身で渡米してきている私には無縁な話ですね(泣)
今度友達でも誘ってみようかなぁ(遠い目)。
b0043019_885370.jpg

[PR]
# by vandytaku | 2005-05-04 07:46 | つれづれ
Country Music Marathon
さて、結局ModIVの間かなり忙しくて何も更新できなかったのですが、やっと先週すべての授業が終了して、今は来週のテストに向けてテスト勉強中です。
鬼のようにプレゼンが合った割には、まだレポート1つと試験が2つあるので、本当にキツかったなぁ。

今日はCountry Music Marathonというマラソン大会がナッシュビルで行われ、クラスメートの何人かも選手として出場しました。というわけで応援に。7時のスタートということで、早起きして友人Iの自宅へ。丁度Iの自宅の目の前がコースということで、自宅で応援ホームパーティです。

面白かったのは、こちらでは、特別な朝のパーティ用のドリンクとして、シャンパンとオレンジジュースを混ぜたカクテル「Mimosa」とトマトジュースとウォッカのご存知「Bloody Mary」が振舞われるという点。私はこの「Mimosa」は初体験でしたが、とても美味でした。

7時半になって、ランナーが続々と通過し始めます。
日本だと「がんばれ!!」という応援ですが、こっちの人は
「Good Job guys, Keep it up!」
っていう感じで応援します。みんなノリノリで、ウサギの耳をつけてたり、全身青く塗りたくったりして走ってます。応援側もそんな時には「Hey Blue Man! Come on! Keep it up!」てな感じで茶茶を入れたりします。
応援してあげると、Tシャツを投げてくれたりします。

b0043019_5312432.jpg


クラスメートのみんなも全員完走ということで、久しぶりに楽しい時を過ごしました。
来年は学校でチームを作ろうという話もあったので、ちょっとまた鍛えて出てみようかなとも思ったり。
[PR]
# by vandytaku | 2005-04-30 05:10 | つれづれ
ModIVスタート!
最近更新が滞っておりますこのブログですが、春休み以降非常に忙しい日々を過ごしております。ただ休暇中の出来事をはじめとしてネタはかなり仕入れておりますので、また追い追い過去の分の日記も書いていこうかと。
ModIVがスタート、あと7週間でもう1年間分のプログラムが終了するなんて、時間が過ぎるのは本当に早いものです。
さて、このModIVですが、3科目~4科目を履修するのが普通なのですが、今回私は次の5科目を取っています。



Marketing Engineering
Tom Novakという看板教授のうちの一人が教えてます。この科目では普通SPSSやSASといった統計ソフトの使い方を学ぶ内容が多いと思うのですが、このクラスでは統計学を基本とした様々な技術的な手法を使って様々なマーケティングのモデルを構築して分析に活かすというアプローチで授業が行われます。予習復習が大変ですが非常に面白いです。

Business in the World Economy
マクロ経済ですね。必須科目のうちの一つなのですが、よりInternationalに重点を置いていて楽しいです。

Internet Technology & Applications
e-Businessをより技術的な側面から捉える授業。実際にHTMLやJavascriptなどのプログラミングなども行います。

Information Tech. & Internet Commerce
e-Commerceの授業ですね。e-Commerce戦略全般と実際にWebStoreなどの構築などを行ったりします。

Consumer Behavior
消費者行動分析の科目です。取り上げられるケースが日本でもなじみの多いポケモンやブルーマウンテンコーヒーなど、ただアメリカ人の消費者行動なので、たまに理解できない部分もありますが、それはそれで楽しいです。



他のアメ人からは、"You are crazy!"と言われてるんですが、別に自分は就職活動とかもないし、次のModIでファイナンスの科目を取ってみたいと思っているので、思い切って5科目にしました。月・水1コマ、火・木4コマということで非常に忙しいです。特に月・水の夜は泣きが入ってますが、ModIのコアの時と比べると、自分の専門よりな科目ばかりなので、精神的にはましです。ただ、Yさんはじめ、他の日本からの留学生の中には5科目取っておられる方も結構います。日本人は勤勉ってことなんですかね、わっはっは!

また落ち着いたら授業レビューなどをしていきたいと思っております!
[PR]
# by vandytaku | 2005-03-14 05:42 | 勉強