MBA留学中のテネシー州ナッシュビルからお届けします。 Presented from Nashville, TN!
by vandytaku
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Annual Gupton Dodge Tom King Classic
4月に行われるカントリーミュージックハーフマラソンにエントリーしたということを以前書いたかと思うのですが、実はナッシュビルには3月にも"Annual Gupton Dodge Tom King Classic"というマラソン大会があって、今回Jと一緒にカントリーミュージックの予行演習といった感じで参加してきました。ちなみに私にとってこの大会が人生初のマラソン大会。マラソン大会デビューがなんとナッシュビルに!

この大会はダウンタウンの川沿いにあるタイタンズスタジアム(コロセウム)でスタートです。ハーフマラソン、5K、ウォーキングの三種の競技が開催されます。私は今回5Kに参加。
結局なんやかんやでタイタンズの試合を見ることが出来なかったし、前々から一度コロセウムに行ってみたかったということもあって、楽しみにしてました。
b0043019_20322515.jpg

スタートは朝7時、靴紐にタイム計測のためのチップをつけて、コロセウムの正面脇からスタートです。ぐるっと一度コロセウムの周りを走ってから、東方向に抜けて、I24との立体交差のあたりで引き返し、コロセウムの中へ。
この大会の特徴は、スタジアムの中にフィニッシュラインがあって、なんとコロセウムの中を走ることが出来ます。
b0043019_20345188.jpg

一旦地下のスロープに降りて、明るいスタジアムに入る時は結構感動しました。フットボール選手になった気分! スタジアムのトラックを走っていると、カメラでスタジアムに中継され、下の大きなスクリーンになんと、自分が走ってるところが映し出されて、名前を呼んでもらえます。
b0043019_2038057.jpg

今回マラソン大会初出場だったのと、アメリカ人に混じって走ることもあって、かなり緊張していたのですが、結果はJがカテゴリ8位、私がカテゴリ20位という好成績。
良い経験になりました。

アメリカの大会って、カントリーミュージックマラソンを見てても思ったのですが、みんなリラックスしていて、またエンターテイメント色も強いのでとても楽しいです。走り終わった後に色々とタダでいろんなものがもらえるし、周りのランナーもいい人達で仲良くなれるし、楽しかったです。

ただ、結構実際に走ってみると、やっぱり普段よりかなり早いペースになるのでかなり大変ですね、このままちゃんとハーフが走れるか不安です。もっとトレーニングしなきゃいけませんね。
[PR]
by vandytaku | 2006-03-18 20:26 | つれづれ
最終学期
更新滞りまくってますが、ModIIIのテスト、楽しかった春休みも終えてとうとう最終学期に突入です。
今回は最終学期で単位も揃いすぎているほど揃ってることもあって、3科目のみの受講。

Marketing Strategy
Owen看板教授の一人、Donna Hoffmanによるマーケティング戦略の授業です。マーケティングの授業では多分一、二を争うDemandingな授業で有名。
このHoffman教授はアメリカ人の間では"Bitchy"な教授として人気です。もともと"Bitchy"というと"意地悪ババァ"という悪い意味なのですが、みんな「かっこいいー」という意味を籠めて呼んでいる感じみたいですね。なんていうか、パワフルでどぎつく、口が悪くて、さばさばしてる感じがたまりません。すごく楽しいです。

Markstatという超メジャーなマーケティングゲームを皆でやります。今回クラスが21人なので、大体4人から5人の5つのグループが同じマーケットを競っている各会社のマーケティングのVPになってマーケティング戦略を行い、株価を競います。
ゲームの結果が成績の大部分になってしまうため、かなり成績面では不安なのですが、グループがとっても楽しいメンバー(テキサス出身巨漢のカウボーイN, Owenアイドルの元PepsiのマーケターC, 自称コメディアンD)なので楽しみです。みんなとっても早口なので議論やボケと突っ込みのやりとりについていけるか心配ですが、最後のチャレンジ、頑張ります。

Advanced Spreadsheets for IT
Excelによる各ビジネスケースをいかにVBAを使ってモデリングするかという授業。一見Engineeringっぽいネーミングなんですが、OperationとITの授業で、ビジネスにフォーカスしています。先生のLarry LeBlanc教授は一見サンタクロースとかきこりみたいな感じの風貌で職人という表現がぴったり。
先日のJapanese Eventにも奥さんを連れてきていたほどの日本びいきでもあります。

私は一応VBAの知識はもともとあるのですが、授業はビジネスの課題のモデリングにフォーカスしているので、日本に帰って即応用できるような知識を身につけることができ、大変役に立つ授業です。

US-Japan Relationship (East Asian Studies)
もともとアングラ向けの授業なので、セメスター制をとっていることもあって、Owenとは別スケジュール、前モジュールから引き続きの受講。防衛、外交分野で日本でも超有名なVIPPSのJames E. Auer教授による日本論に関する授業。大変人間的に素晴らしい先生で非常にHelpfulなんですが、授業は非常にアカデミックでDemandingです。特に毎回かなりの量のリーディングとQuiz、中間試験や期末試験なんかもあるので、Internationalにとってはかなり大変。さらにビジネスと外交・政治文書だと出てくる単語の分野が全然違うので、辞書片手に頑張ってます。なんかアメリカ来たときに戻った気分。


という感じで、結局かなり負荷高めの授業選びをしてしまいました。
とはいっても最後の学期ということもあって、学業&アメリカでの生活の両方を充実できるようにしていきたいですね。

と書いたのはいいものの、今週はじめから見事に風邪を引いてしまってダウンしてます。
最近季節の変わり目なのか温度変化が激しくて寝冷えしてしまったようです。トホホ。
[PR]
by vandytaku | 2006-03-17 20:05 | 勉強