MBA留学中のテネシー州ナッシュビルからお届けします。 Presented from Nashville, TN!
by vandytaku
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Hot Yoga
最近日本でも流行り出してるようなのですが、アメリカで今ブームなのがHot Yoga。アメリカではYogaは年に30億ドル稼ぎ出す市場で、3年間で40%以上の成長を遂げています。
b0043019_15484276.jpg

最近ではIBM,AppleやNikeなども企業の福利厚生なんかに取り入れてるそうで、企業のHealth Care Costの削減にも利用されてるとか。

実は大学近くにもHot Yogaのスタジオがあって、Owenの前のバス停のベンチに「Skip next class, take ours」という面白いキャッチコピーが書いてあります。

すばらしい美貌とモデル並みのプロポーションを誇る友人のアメ人女性のI(ちなみに今年のOwenの一部のBrochureの表紙を飾っているので必見です)はこのHot Yogaの常連で大ファンなのですが、私と彼女とはOwen Runners Clubというクラブで一緒で、丁度私がマラソンに挑戦しようとしていることを彼女が知ったことで、インナーマッスルを鍛えるのにいいからやってみれば?ということで、成り行きで(半ば強制的に)誘われて行って来ました。

最初「ヨガかよ!」って感じで、なんかこう、ヘンな宗教っぽいものとか、ヒゲのおじいさんとかが体をくねらせているイメージで、少し鬱だったのですが、実際に行ってみると、かなりオシャレなんですね。

このHot Yogaというのは、温度を高くした部屋の中でヨガのポーズを行うもので、関節が温まることでポーズを取りやすくなることと、汗を大量にかくことで、体の新陳代謝を助け、心臓を強くするという意味があるそうです。ヨガの中でもハードでよりエクササイズにフォーカスしたものなのだそうで、もともとインドのヨガ研究家のBikramさんというインドの人がカリフォルニアに彼のヨガ理論を伝えて、アメリカ流に独自に発達したものらしく、なんというか、お手軽にすっきり!という感覚で楽しめちゃう、いかにもアメリカらしいスポーツという印象です。部屋にはアロマオイルなんかも焚いてあって、リラックスできます。

ちょっと調べたのですが、Yogaっていうのは単にポーズをとるだけではなくて、良い仕事をする、知識を身につける、信心深く信仰を行うといった考え方もYogaなのだそうで、一般的に言われているYogaはあくまでも、肉体的、精神的能力を高めるための呼吸法や肉体的なポーズのことを言うようで、、、。さすがインド人、なんか深いですね。

で、やってみた感想なのですが、とにかく大量の汗が体から吹き出る感じ。サウナ以上。意外とハードで、難しい。途中休んでいる人もかなりいました。
でも終わったあとはかなりすっきりで、例えると温泉に行って風呂から上がった感覚に似た感じ。
アメリカって日本のように湯船にしっかり浸かったり、サウナに行ったりする習慣がないからこういう感覚って新鮮なのかもしれません。

あと、Iの言うとおり、バランスを取るためにコアマッスルをかなり使うので、かなり全身の筋肉に効きます。慣れないうちはかなり筋肉痛になります。基礎代謝を上げたりするのにも良いかも。

ちなみに初回は一回$15、回数券でかなり割引になります。無料キャンペーンなんかもたまにやってるみたいです。Owenの学生は更に割引になります。(なぜかというと前述の常連Iの交渉の結果なのだそうです。さすがビジネススクールの学生ですね)

日本と比べるとかなり安いそうなので、私も回数券を購入して、これからもちょくちょく行ってみることにしました。
[PR]
by vandytaku | 2005-10-29 15:09 | 文化
弟が来た!
弟が日本からやってきました。

彼は12月から新しく仕事をするので、それまでの間VanderbiltのELCで英語の勉強をすることになりました。会うのも久しぶりだったのですが、とりあえず色々とHenri Charpentierや錦松梅などの日本からのレアモノ物資が届いて非常に嬉しいです。こういうものって絶対にアメ人には作るの無理だと思う。

とりあえずCostcoで日常品や食料品を調達して一ヶ月間の共同生活に備えます。
[PR]
by vandytaku | 2005-10-19 14:51 | つれづれ
Mod II
さて、はやModIIのスタートです。
Owenでは、夏にModIとModIIの授業登録をまとめて行うのですが、授業の最初の週の木曜日に実際に履修する科目を確定させればそれまでは自由に変更、追加、削除が出来るシステムになっています。
大分履修登録に慣れてきたこともあって、最近ではとりあえず色々な授業に出てみてからじっくり履修科目を決めるような形で履修登録をしています。

結構、最初の印象と実際に出てみた印象って違うものだし、あとはクラスの面子とか、グループによっても授業の充実度って違うような気がします。そんな中、私が最初の週に見てみた授業は以下の通り。

The Promotional Mix (Martin-Kidd)

Accounting and Finance for Entrepreneurs (Boer)

Product Design and Innovation (Owens)

Writing a Business Plan (Boer)

Enterprise Resource Planning (Blanning)

Corporate Governance (R.W. Oliver)

特に月曜日は一限から四限までぶっ続けで授業だったのでかなりへとへと。
この中から3つ選択するのですが、どうしようか検討中です。
[PR]
by vandytaku | 2005-10-18 00:12 | 勉強
2年目のModI
ずいぶんと久しぶりな更新になるんですが、どれくらいの人が気が付いてくれるかな(笑)

ご存知MBAコースでは、秋セメスター(8月~12月)、春セメスター(1月~5月)を二つのモジュールに分けてModI~ModIVと4つのモジュールを設定しているのですが、現在はもう、2年目のModIが佳境を迎えていて、来週は試験です。

2年生になって、自分の専門科目をじっくり取ることができるようになって、非常に充実した生活を送っています。1年生の時に頑張ってかなりの科目を消化(?)し、さらに夏にドイツに交換留学に行って単位を取得したので、今回のモジュールで取っている科目は3科目です。

Marketing and Digital Environments (Marketing専門科目)
Outsourcing Business Processes (IT専門科目)
Management Science in Spreadsheets (Operation&IT専門科目)

この一番上のMarketing ad Digital EnvironmentsというのはTom Novak教授(以前Marketing Engineeringという科目のことを書きましたが、同じ先生です)というOwenの看板教授のうちのひとりが教えているeCommerceの代表的な授業で、ある意味eCommerceを目指すものとしてはMUSTな科目なんですが、毎回ライトアップの提出やグループワークなんかがあって、かなりハードな科目です。私は特に、この科目を取るためにOwenに来たといっても過言ではないので、毎回かなりの時間をこの科目に費やしています。

Outsourcing Business ProcessはBob Blanning教授によるオフショアアウトソーシング、BPOに関する授業。IT出身の先生なので、かなりビジネススクールというよりはいわゆる大学の講義に近いまったり感があるのですが、それでもケーススタディやグループワーク、クラスディスカッションなどがあって、特にクラスメートとの討論が面白いです。

Management Science in SpreadsheetsはいわゆるExcel講座、なのですが、単に使い方を覚えるというよりは、ソルバーなどのツールを使って、ファイナンス、オペレーション分野の問題をいかにモデル化するかということに重点が置かれています。いかにもアメリカっぽい授業ですね。私はかなりExcelの知識に関しては自負があったのですが、こういうアプローチは今までになかったので毎回目からウロコです。毎週宿題があって、意外に時間を取られてしまいます。

また授業の感想など、アップしていきます。
[PR]
by vandytaku | 2005-10-05 00:04 | 勉強
プレゼン終了!
今日のMarketing Digital Environmentは今回のグループワークの集大成というべき、プレゼンテーションでした。私たちのグループはずっとHPShopping.comという米ヒューレットパッカード社の子会社のe-Commerceサイトのリサーチをしていたのですが、今回のプレゼンの課題はこのサイトの新しいマーケティングプランを考える、というもの。
SegmentationやPositioning、Customer Experienceの7-Elementsの分析やらCustomer Interfaceの7Cなど、色々と分析を加えていくうちになんとスライドが48枚!それでもまだ足りない!ということで、今回のプレゼンはいかに効率よく情報をまとめるか、ということがテーマだったような気がします。

今回のマーケのグループは今までの中でもかなりベストなチームだったような気がします。アメリカ人N、タイ人L、そして私の3人だったのですが、お互いに相手を尊重しながら意見を出し合いつつ、ウマく高次のアイデアにもっていくことが出来たんではないかな、と。
あとはやはり、リーダーシップを取るためには、学んだ知識を頭の中の引き出しに整理しておいて、いつでも取り出せるようにしておくことが肝心だということ。
今までは忙しくてあまり予習などに時間がとれなかったこともあって、必要な部分の予習をして、とりあえずまず、問題を解いてみて、教科書をまた見て、ということが多かったような気がするのですが、今回、この科目では教授から与えられた副教材やサンプル問題などにあらかじめ全て目を通して、自分で実際に全てを解いてみるということをずっとやってきたので、教科書の知識がより実践的な形で自分の頭に残っていたことが、広範囲の議論になりがちなグループワークでの議論でリーダーシップを取ることに役立ちました。

モジュールの最初の方に一緒に飯を食べに行ったりしたのも良かったかも。やっぱりミーティング以外の部分でも親しくなると、グループワークでもお互い性格なんかが分かってきて、やりやすくなるものなんですよね。2年生になって、アメリカ人自身もインターンシップの経験やインターナショナルとの付き合い方なんかも慣れてきている、ということもあって、最初にビジネススクールに来た時と比べると、比べ物にならないくらいミーティングがやりやすくなりました。
今回のメンバーはこれからも大切にしていきたいと思います。
[PR]
by vandytaku | 2005-10-03 03:03 | 勉強