MBA留学中のテネシー州ナッシュビルからお届けします。 Presented from Nashville, TN!
by vandytaku
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:グッズ紹介( 16 )
Ting
さて、久しぶりの投稿です。
今日ご紹介するのはコレ↓
ジャマイカのローカル飲料です。地元のグレープフルーツを使った微炭酸飲料。滞在中はかなりハマって飲んでました。フレッシュな香りと味で、アメリカのどぎつい飲料と違って甘すぎないところがいいです。こんなおいしい飲み物飲んだの久しぶり。
b0043019_16461310.jpg
写真はビンですが、ペットボトル版もあります。価格はコーラと同じくらい。微炭酸といえば、日本でもちょっと前に結構流行りましたよね。ちなみにこのTingですが、「モンドセレクション」という食品のノーベル賞と呼ばれる賞を受賞してます。
このモンドセレクション、言われてみればどっかで聞いたことのある名前なんですが、ベルギー王国の経済省認定の組織委員会が1961年から運営していて、ワイン、スピリッツ、リキュール、ビール、お菓子などの部門があります。ただこの組織は民間の組織で、ベルギーの国自身とは特に関係はありません。出品する際に支払う審査料収入が運営資金の大部分を占めているようです。
企業が製品の箔をつけるために利用されている、というのも否めないところですが、一応世界組織ということで、確かに影響力があるようです。
ちなみに審査得点に応じてメダルが贈られるというもので、日本でも数多くの製品が受賞しています。有名なところでは柿の種やブルボンのルマンドとか。

ちなみにこのTingですが、ジャマイカだけで売られているのかと思ってたら、通販で購入できるようです。試してみたい方はコチラへ。
[PR]
by vandytaku | 2005-03-09 16:47 | グッズ紹介
パスタソース
明日提出のOnline Explorration of Business Info. のレポートが全然進みません。ずっとパソコンに向かってWordと格闘してるのですが、どうも言葉が浮かんできません。もうテーマは教授に伝えてしまったし、プレゼンなんかもやってしまったので、今更テーマも変えられない(泣)。
そんな中でさらに料理なんかをして自爆行動をとっているワタクシです。

今日の晩御飯はスパゲティなんですが、アメリカに来て、結構いいじゃん、と思ったことの一つが、このパスタソースのデカいビンです。
b0043019_13153725.jpg
ちなみに写真のおじさんは、なぜかFood Network TVなどでアメリカのオバサマ達に超人気のカリスマ料理人、Emerilさん。パスタソース以外にもバーベキューソースとかドレッシングとか、この人のブランドで色々な調味料を出しています。ニューオーリンズにレストランも持っているらしく、このレストランも超人気らしいです。
このEmerilさん、なぜかバックにEmeril's Bandというバンドを従えていて、この人の料理番組は、バンドの曲に合わせて彼が料理するという、とんでもなくありえない番組です。それに公開録画で来ているオバサマたち(多分サクラ)が、深夜テレビショッピング並に「Wow!」とか「うーん、デリシャス!」とか言ったりするんで、もうこっちが恥ずかしくなって見ちゃいられません。
b0043019_13244761.jpg
謎の陽気な料理人エメリルさん

話がかなりそれてしまいましたが、日本の場合、スパゲティ食おうかなぁ、と思った場合には、レトルトのソースを使うか、缶詰のパスタソースをあっためたり肉を加えたりして作りますが、ここアメリカでは、この瓶詰めタイプのパスタソースが主流で、スーパーなんかに行くとずらっとこんな感じのパスタソースが何十種類も置いてあったりします。で、日本と比べると安い!!
使い方は、別にそのまま茹で上がったパスタにかけてもいいし、フライパンでパスタと一緒に他の具と炒めてもいいです。瓶詰めなので、使いたい分だけ使って、後は冷蔵庫に入れておけば保存も利きます。色々なところから本当にむちゃくちゃたくさんの種類のソースが販売されているので、色々な味が楽しめます。

日本では、どうも缶詰だと種類もなくて、一旦あけちゃうと保存が面倒だったのと、レトルトはレトルトで値段が高くて少しだけ食べたい時に食べれない、という感じだったので、パスタ系は結構敬遠してたのですが、アメリカに来てからはかなりパスタを食べてます。

あーあ、でも、こんなことやってないで早くレポートやんなきゃなぁ。
[PR]
by vandytaku | 2005-02-22 22:11 | グッズ紹介
本日の夕餉
今週末はMarketing ResearchとOnline Business Exp. Info.のプレゼンの準備が重なってしまって時間がありません。明日からとうとうModIIIの最終週なので忙しいです。
というわけで今日の晩御飯はコレ↓
b0043019_13484327.jpg
Spicy Shrimp Sushi

Wild Oatsで購入したパック寿司。
お稲荷さんにえびとピリ辛マヨネーズが入ってます。

...結構ウマいよ。
(アメリカ生活で味覚が狂っちゃったんでしょ、なんて言わないで、、、)
[PR]
by vandytaku | 2005-02-20 20:54 | グッズ紹介
sushidisk
常に日本とつながっていたい私は日経ビジネスや日経パソコンなど、いくつかの雑誌を購読しています。アメリカでも購読可能なんです。多少遅れて届きますが、、、。インターネットでいろいろと情報は入るんですけど、深い情報と言う意味で雑誌は私にとって貴重な情報源です。
最近(といっても1ヶ月前の号ですが)日経パソコンを読んでかなり気になってるのがコレ↓
b0043019_14432133.jpg
Sushidisk


32MBと128MBがあります。多分Sundiskのパクリなんですね。名前。
かっぱ橋の食品サンプル製造会社が寿司の部分を作っているだけあって、美しい仕上がりです。
これ、絶対にアメリカ人にウケると思うんだよねー。さりげなくLaptopに挿しておいて見せびらかしたくてたまりません。

でも、高いんだよなぁ、一個アメリカだと$99、日本でも8,000円以上するし。普通のメモリの4倍くらいですね。
うーん、でも買っちゃうかも。

ちなみに日本の販売会社はこちら
アメリカはこちら
[PR]
by vandytaku | 2005-02-15 22:46 | グッズ紹介
マンゴー
うちの近くのKrogerやHarris Teeterとかのスーパーで、マンゴーが日本と比べると非常に安く売ってるので、かなり前から気になってたのですが、身がやわらかいし、殻も薄くてぶにぶにしてるし、かなり食べにくい食べ物という印象があって敬遠してたんですよね。

昨日から内定者がうちに来ているということを昨日書きましたが、彼は今の大学の他にもUniversity of ArizonaのUndergraduateの学位を持っているので、実はアメリカ生活に関しては私より先輩です。
で、今日は目からウロコのマンゴーの食べ方を彼から教えてもらいましたので、早速皆様にもお伝えしたいと思います。かなり感動モノです。

用意するもの: マンゴー、小ぶりの果物ナイフ

1. マンゴーのへたを切り落として、どこに種があるのかを確認する。
b0043019_16145270.jpg

2. 種をよけながら、マンゴーを半分に切る。イメージ的には魚の三枚おろしみたいな感じ。種は捨てる。こうすることで、おわんの形をしたマンゴーの半球が二つできます。
b0043019_16215519.jpg

3. 外側の薄皮をきってしまわないように、注意しながら、1~2cmの格子状に果物ナイフを使って切れ目をいれる。
b0043019_16171330.jpg

4. マンゴーの身を外に押し出すように、皮を押しながら裏返しにひっくり返します。そうすると、内側から外側に、マンゴーの身が飛び出します。もう一つのほうも同じくひっくり返す。
b0043019_1618561.jpg

5. 私はそのままかじって食べるがワイルドで好きなのですが、ナイフで皮から切り離してキューブ状にして食べるのも乙な感じですね。

というわけで、おいしいマンゴーをこの方法でぜひお試しくださいませ。
自分もこれからは安くておいしいマンゴーライフをエンジョイしたいと思います。
※ちなみに写真の人物は私ではありません。
[PR]
by vandytaku | 2005-02-14 16:01 | グッズ紹介
Google Desktop Search
先日サーチエンジン紹介をした時にあずあずさんがコメントを書いておられましたが、今日はGoogle Desktop Search(GDS)というものをご紹介。
b0043019_22241931.jpg

先日OwenのITヘルプデスクから「Google Desktop Searchはメールや自分が持っている情報を有効活用するのに非常に便利だから使ってみて!」とのメールが来て、思い切って使ってみることにしました。ちなみにまだベータ仕様です。前に触った時には、まだ日本語の検索に対応していなかったと思ったのですが、もう今は対応しているみたいなので、日本のユーザの方も非常に便利だと思います。(ただメニューは英語です)
要するに、何をやってくれるのかというと、メールや文書、ウェブの履歴など、自分のパソコンの中の情報を、Googleと同じ方法、同じスピードで探してくれるというものです。例えば「前に○○さんから来たメールの中に、今日のパーティの場所とか地図があったなあ、いつ来てたっけ?」って時に、たとえばいつも1日数十通とかメールが来ている場合だと該当メールをただ探すだけでも面倒なものですよね。そんな時にこれを使うと、メール本文や、連絡先なんかも同時に探してきてくれるため、非常に便利。仕事の効率アップ間違いなしです。
結果は↓のような感じで表示されます。
b0043019_22245036.jpg

これが表示される時間はたった0.03秒。Googleとそっくり。このサーチ時間なのですが、事前にGDSがコンピュータのアイドル時間を利用して、インデックス(検索キーみたいなもの)をあらかじめ裏で作ってくれているので、非常に早いです。Windowsについてる検索機能なんて目じゃないです。ちなみに普通にGoogleでウェブをサーチした時も、「あなたのコンピューターでは○○件のヒットがありました」なんていう感じの表示が付け加わるようになります。
最初はなんか個人情報を見られているようでちょっと抵抗があるのですが、プライバシーは漏れないような配慮がしてあるとGoogle側は主張しています。(ちょっと見Localを示す127.0.0.1のアドレスを使って検索し、組みあわせて表示しているようです)検索時にパケットも送信されてないようなので、まあ、大丈夫かなというのと、なによりその便利さに負けて私は気にせず使っています。ただまだβ版ということもありますし、個人用のパソコンだけで使うのがいいかもしれませんね。
ちなみに、このソフトはhttp://desktop.google.com/からダウンロードできますので、興味ある方はぜひ試してみては?
[PR]
by vandytaku | 2005-02-11 22:32 | グッズ紹介
Pad Thai
今週も引き続きケースのWrite-upがあったり、グループワークがあったり、レポートの準備があったりと相変わらず忙しい週になりそうです。

今日は5時過ぎまで授業があった関係で、自炊はめんどくさいし、それでいて外に食べに行くのも時間がかかるし、ということで、今日の晩御飯はコレ↓
b0043019_10382230.jpg

うちから車で5分(うち3分は高速道路!アメリカは基本的に高速タダなのです)のところにある、Thai Kitchenというテイクアウトのカウンターがあるタイ料理のレストランで購入したPad Thaiです。
Pad Thaiはタイの定番メニューで、タイ風焼きそばって感じでしょうか。米の麺とえびが甘酸っぱいソースとニョクマム(魚醤)で炒めてあって、ねぎのみじん切りとピーナッツを砕いたものがかかっています。$5.07(約520円)也。ボリュームたっぷりで、パックには二食分くらい入っています。たいてい、夜と朝に分けて食べます。
マックとかバーガーキングよりはナチュラルな感じなので、気に入ってたまに買いに行っています。なんか魚醤の風味がかつおだしっぽくて和食系な感じなんですよね。

最近は店のおじさんも常連として認めてくれたみたいで、私が来ると「今日はなんにする?」とフレンドリーに声をかけてくれて、箸とホットソースを何も言わなくても入れてくれるようになりました。

というわけで、ささやかな夕食の後、これからケースに取り掛かります。
[PR]
by vandytaku | 2005-02-08 10:49 | グッズ紹介
SIERRA NEVADA
さて、今日はSuperbowlです。アメリカのSuperbowlの視聴率はなんと50%近くということで、うちの周りは道路も店もガラガラ。唯一はやっているのはスポーツバーくらいですね。
というわけで、自分もビール片手に自宅でフットボール鑑賞をしてます。
日本では、キリンラガーやスーパードライなど、苦めのラガービールが主流ですが、アメリカでは結構スーパーや飲み屋でも色々なビールが置かれています。その中で結構最近お気に入りなのがコレ↓
b0043019_13593058.jpg

SIERRA NEVADAはもともと1979年にカリフォルニアで作られた、比較的新しいエールビールのブランドです。こちらではエールも結構人気があります。ちなみにラガービールでは低い温度で酵母が発酵する(下面発酵)のに対し、エールは高い温度で発酵する(上面発酵)ので、よりホップやイーストの複雑でさわやかな味が残ります。
このSIERRA NEVADAもエールビールで、結構飲み応えがあるものの、フルーティで香りも良く、あまりビールを飲まない私も気軽に飲めます。
欠点はちょっと値段が高いことですかね。あと、アメリカのビールはビールの栓をねじってあけることが出来るので栓抜きがいらないのですが、このSIERRA NEVADAはなぜか栓抜きが必要です。
日本でも輸入モノのビールを扱っているところでは購入できるかもしれません。
是非お試しを。
[PR]
by vandytaku | 2005-02-07 14:07 | グッズ紹介
Etymotic Research ER-4
最近長くてまじめなネタが多かったので、ちょっと息抜き。
最近Boseのノイズキャンセラー機能つきヘッドフォンがはやってますが、あれってむちゃくちゃデカいですよね。いつも持ち歩くのは大変です。自分はBOSEのファンでもあるけど、音楽にもっと集中したい、音漏れしないヘッドフォンがほしい方、他にもいいものがありまっせ!

2年前に購入してめちゃくちゃ愛用してるのがコレ↓
b0043019_12565086.jpg

なんか垢抜けなくて(さらにいまどき右と左で色分けてたりするイヤホンなんて見たことない)究極的に物欲をそそらない時代を超越したデザイン、さらに値段は3万円以上ということもあって、今まで私以外で使っている人を見たことないですが、信じられないほど、音がいいです。

初めて使った印象は「クリア」な感じ。そこら辺で売ってるヘッドホンを後からすると、なんか曇ったような音がするように感じるようになりました。
それもそのはず、ここのメーカーはもともと補聴器の研究所で、その技術をコスト度外視で惜しみなく投入してるんです。純粋に音を追求してるという感じですね。ひとつひとつのパーツもいいもの使ってるのがハタから見てもわかります。

構造的には、本体の細い筒にに取替え用のフィルタ(粒みたいなもの)を挿し、さらに耳プラグをかぶせる形になっています(プラグは耳の形や好みにあわせて種類を選べますし、取替えも出来ます)。長く利用しているとフィルタが汚れてくるので、その場合には付属のツールでフィルタを取り替えればOK。いつでもいい音が長く楽しめます。密閉式なので周りの音も気にならないし、音漏れもありません。BOSEのヘッドホンなんかよりずっと持ち運びが楽ですよ。
ちなみにPとSというシリーズがあって、Pがポータブルプレーヤー用(中低音強調型)、Sは万能型といった感じです。私が持ってるのはPです。

別に私はここの回し者じゃないのですが、興味のある方は詳しい製品紹介ページへ。
日本でも販売されてます。日本の代理店のページはこちら
[PR]
by vandytaku | 2005-02-04 13:06 | グッズ紹介
Jerk Chicken from ジャマイカ
今日は例のMarketing ResearchのFocus Group Assignmentのためのミーティングでずっと学校にこもってました。ちなみにメンバーに一人ジャマイカ人がいるということを以前書いたと思うのですが、ジャマイカって驚くほど親日なんですよね。彼(以下S)も例にもれず超親日派。日本にも旅行したことがあって、大阪とか城崎とかかなり渋めなところを回ってたみたいです。ジャマイカにはたくさん日本人もいるって言ってました。
なんか日本のイチニイサンを覚えるための歌があるらしい。

Sの友人(オリンピック選手なんだって)も日本びいきらしくて、今日はその友達が作った日本語の歌(なんと日本語で歌っている)を聞かせてもらいました。結構日本語ウマいです。驚いた。こんな人がいるなんて。「愛の~」とか「おまえを~うぉ~」とか歌ってます。
ちなみにジャマイカってレゲエが有名ですけど、その他にも、コーヒーのブルーマウンテンてありますよね。あれってジャマイカにあるんですよ。知ってました?私は最近クラスメートに教えてもらったんですけど、ブルーマウンテンの中でコーヒー栽培に適している、とっておきの部分の土地を上島コーヒー(UCC)が買い上げてるらしいです。ちなみに他の国ではあまり、「ブルーマウンテン」て聞いたことないので、多分上の理由で特に日本で有名なんでしょうね。ちなみにジャマイカではこのブルーマウンテンが安く手に入るらしくて、今度Sのガールフレンドがナッシュビルに来るときにお土産に持ってきてくれることになりました。楽しみです。

ちなみにジャマイカ人はOwenには他にも数人いて、先日のGlobal Food FestivalではCurry ChickenとJerk Chicken、Jerk Porkなどを持ってきてました。
Jerk Chicken、うわさには聞いていましたけど、マジでウマいですね。
b0043019_12374567.jpg

かなりスパイスが効いてるのですが、彼によると、オーブンで焼く前の下ごしらえが大変なんだそうです。
もともとは狩をした人が獲物をその場でさばいて、Jerk(細長く引き伸ばすこと。ビーフジャーキーのJerkです)した肉に、悪くならないためにスパイスをたくさん詰め込んで、穴を掘って湿気を逃がさないように葉っぱをかぶせて、焚き火で燻製にしたのが始まりなんだとか。
この製法の結果スパイシーでジューシーな肉に仕上がるのだそうです。多分今は多少作り方はちがうんでしょうけど、、、。
でも、かなりウマいです。オススメ。

ちなみに確かあずあずさんのお知り合いで日本で唯一本格的なJerk Chickenを販売されてて大使館で紹介された方というのがいらっしゃったはず、、、。
もしかしてこの下の店ですか?
b0043019_14254747.jpg

もしそうなら日本の友達に教えなきゃ。
[PR]
by vandytaku | 2005-01-31 12:51 | グッズ紹介