MBA留学中のテネシー州ナッシュビルからお届けします。 Presented from Nashville, TN!
by vandytaku
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:文化( 11 )
シノワ
「シノワ」というのはフランス語の「Chinois」で「中国の」という意味(英語の「Chinese」)です。こちらに来て驚いたのは中国人の数がとても多いこと。知り合いによると、現在中国からの移民がとても増えているそうです。AFP通信によると現在パリの中国人はなんと25万人~30万人とのことです。

フランスは中国の経済成長を背景に親中政策を取っており、奨学金や資金援助などの誘致政策を多数行っています。日本と、フランスを中心とした欧州連合が中国における高速鉄道の技術援助に関して争っているニュースもありましたが、このような状況を見ると、フランス側に相当有利ではないかと(それが良いことか悪いことかの議論はまたさておき)。
私が町を歩いていても、中国人と間違えられるのか、「ニーハオ」と話しかけられることが多かったです。

ふと目にしたニュースでは、「Notre-Dame de Chine」というフランス初の中国人による教会が出来たとのことで、司教が竜踊りの竜や獅子舞の獅子に赤い聖印を記したりしていてびっくり。ちなみにパリの中国人のクリスチャンは3,000人もいるとのこと。マスコミも大変好意的で、祝福ムードでした。マスコミも含めて、国全体が超親中という雰囲気です。中国パワー恐るべしですね。
b0043019_438416.jpg

一方、ふと立ち寄ったオペラ座界隈の日本人街はちょっと寂れた感じ。入った店の店員さんもやはり中国の方で、あまり日本語も通じず、少し寂しくなりました。
[PR]
by vandytaku | 2005-12-18 04:41 | 文化
日産自動車とLouis Vuitton
さて、そろそろClass of 2008の出願シーズンですね。ここOwenにも既にキャンパスビジットをされた方がいらっしゃったようで、、、。昨年に続き、たくさんの日本人の方にアプライしていただきたいなぁと思います。せっかくブログを立ち上げているんだし、最近アクセスも増えてきたような気がしますので、こちらも色々と皆さんの役に立つような情報をアップしなきゃいけないな、と思いつつ、、、。

ちなみに私のブログはなんか最近生活情報ブログになってしまっていますが、何でもOwenに関するご質問などありましたら、なんでもvandytaku@excite.co.jpまでお問い合わせくださいね。キャンパスビジットなどされる際はOwen Japanese Club Homepageまでご一報を。毎年恒例となっていますが、熱烈歓迎をさせていただきます。

さて、今日はOwen出願を考えていらっしゃる方、でも
「ナッシュビルなんて田舎だし、お買い物が楽しめなぁい!」
というセレブな奥様をお持ちの方にGood Newsです!

うちの近くにある高級モール、The Green Hills Mallに来年の夏に
b0043019_1247343.jpg
ティファニー

b0043019_1248152.jpg
ルイ・ヴィトン

が出店!!するんだそうで、最近ニュースなどでもちょくちょく取り上げられています。もちろんテネシー州初。最近このGreen Hillsのモールでは最近Cheese Cake Factoryがオープンしたり、アップルストアがあったりと何かと話題なのですが、とうとう今度はTiffanyとLouis Vuittonなんですね。

ちなみに日本では結構どこにでもあるイメージなんですが、海外となると、意外とこれらのブランドってなかなか無いものなんですよ。ちなみにLouis Vuittonの場合、全世界で300店舗あるんですけど、このうち50店舗が日本なんです。

ちなみに、他に最近話題になってるニュースは米国日産自動車がその本社をカリフォルニアからナッシュビルに移転するというニュース。もともとナッシュビルの南のSmyrnaという町に大きな工場があって、自分も見学にいったことがあります。Owenからもインターンシップで何人か行ってますが、とうとう本社移転になるとは。ちなみに経済効果は年間5億ドルなんですって。にぎやかになって、いいですね!
最近低迷しているOwenのランキングにも良い方に影響してくれるといいですね!

以前、私がいつもお世話になっているVIPPSのジム・アワー教授とお話した時に、ナッシュビルは、I40やI65などの重要なアメリカのFreewayが交差するところで、流通に非常に向いている土地なのだ、と聞いたことがあります。昔は暑かったせいで、製造拠点にはあまり向かなかったのだけれども、技術進歩で空調技術が発達したせいで、製造業がどんどんこれから発達していくだろう、とのご見解でした。

確かにすぐ上のケンタッキーにはトヨタの工場なんかもあるし、東芝とか他の工場も結構周辺にあるんですよね。ナッシュビルには日本食料理屋が沢山あるんですけど、このような日本駐在員の存在も影響してるのではないかな、と。

で、表題に関してなのですが、もしかすると、このGreen Hills MallのTiffanyとLouis Vuittonの出店も、もしかするとこの日産自動車の移転が関係してるのではないかな、という私の勝手な想像でした。
[PR]
by vandytaku | 2005-11-28 12:51 | 文化
Black Friday
Thanksgivingの次の日はBlack Fridayと呼ばれていて、アメリカ国民にとっては重要なお買い物デーです。

というのも、あらゆる小売店で割引セールが行われるからです。アメリカには5月と11月に大きなセールの日があるのですが、この11月の方のBlack Fridayは一番大きなセールの日です。そもそもなんで「Black Friday」というかというと、今まで赤字「Red」だった店もこの日に黒字「Black」に転換するから、とのことなんだとか(ただどこもセールをするわけですから、現実にこの日にProfitableになるのかどうかは疑問ですよね)。ちなみに売上高という点では、クリスマスセールの方が上です。

今日はどこの店にも朝から長蛇の列。Wal-martは今日は5:30に店を開けたそうです。
ニュースを見ると、今年のBlack Fridayの売上は昨年と比べて5%アップしたとか。アメリカ経済は依然好調のようですね。商品をめぐって乱闘騒ぎなんかも起きたそうで、消費社会アメリカのすさまじさを垣間見たような気がしました。

さて、私はこの日ラズベガスにいたわけなんですが、さすが観光の町だけあって、ストリップ界隈の店ではセールをしている店は全くなかったですね。Caesar's Palaceのかの有名なForum Shopもどこも定価でした。前日に少し離れたアウトレットモールに行った時には既に割引セールをやっていたので、一応Black Fridayの恩恵は受けることが出来ました。

で、vandytakuの今回のBlack Fridayでのお買い上げは、、、。

b0043019_124814100.jpg
FCUK(French Connection)のシャツ(40%引き)


b0043019_12475324.jpg
DIESELのZafジーンズ(Forum Shopで定価で購入(泣))


b0043019_12483259.jpg
Kennith Cole の黒靴(半額)


着るものばっかりになってしまいましたが、旅行中だし、こういうものならかさばりませんからね。

今回DIESELのジーンズが購入できたのは非常に嬉しいです。日本だと高いし、サイズも無いし。ナッシュビルには当然ないし、最寄のショップはNYだし!
ちなみにこのDIESELはイタリアのブランドなのですが、Websiteがちょっと変わっていて面白いです。ナビゲーションが少し分かりにくいのが難点なのですが、ここのサイトのように、アパレルのサイトで上手にExperimental顧客(興味本位の顧客?って訳すのかな)とRational顧客(目的意識を持ってネットサーフするお客)の両方のニーズに応えているサイトって珍しいと思います。Customer Experienceをちゃんと考えてデザインしたんだなというのが良く分かります。

それにしてもForum Shopって広いし、ゴージャスだし、何でも揃っていて凄いですね。ナッシュビルにこんなモールが出来たら毎日通ってしまいそうです。
[PR]
by vandytaku | 2005-11-25 12:36 | 文化
アバクロ考
アバクロというのは今アメリカで流行りまくってるAbercrombie&Fitchという服のブランドの略です。(abercrombieという名前そのものの別ブランドもありますが、これは同社の子供向けのブランド。普通アバクロといったらAbercrombie&Fitchの方をさすのが普通のようです)価格帯はまあ、GAP(日本ではちょい高級なイメージですけど、アメリカでは多分UNIQLOみたいなイメージです)をちょっと高級にした感じ?ですかね。シャツが$50-$80、ジーンズ$80-$100って感じでしょうか。バナナリパブリック(これはGAPの上級ブランド)とかとかぶるイメージですね。
b0043019_2532257.jpg

最近GAPとその周辺ブランドの売上が低迷していますが、こちらアバクロは成長しまくっていて、ナッシュビルにも私の知っている限り2店舗あります。大学生や働いてちょい小金持ちになった20代、30代前半といったのがメインのターゲットといった感じでしょうか(デザインのターゲットとしては20台前半らしいですけど、実際に買ってるのはもっと高めの年齢層でしょう)。とにかく最近そこらじゅうアバクロだらけ。ちなみに同じアバクログループでMTVパーソナリティ御用達の、西海岸をイメージしたHolisterなんていう若者向けブランドや、最近ではRUEHL No.925なんていうNYテイストのさらに大人のブランドなんかも展開してます(すごいTOP Page!)。ちなみに今年の1月時点でA&Fは363店舗、abacrombieは176店舗、Hollisterは249店舗、Ruehlは4店舗、合計4つのブランドで792店舗あるそうで、その規模の大きさが伺われます。

このアバクロは「Destroyed」モノを売りにしていて、わざと破いたり古着っぽくした服を売ってます。優等生的でオーソドックスなGAP系と比べると「ワル」な感じが人気の源のようです。店の照明も暗めでクラブサウンドがかかってたり(ちなみに曲はHP上でも聞けます。確かにカッコイイです)、半裸のイメージモデルのでかい写真が壁に貼ってあったり、SEXYなイメージ。服もかなりぴったりフィットでカラダのラインを強調する感じの服です。こちらから声をかけないと絶対に来てくれないなんていう高ビーなサービスも逆にゆっくり服が選べるからと人気です。

日本にはまだ未進出なんですけど、タレントとかの影響で興味を持つ人もいて、海外通販や海外旅行などで購入したりと日本人にも潜在的な人気があるみたいですね。なんとAFのUS通販ページには日本語のヘルプなんかもあります。

ただですね、これって日本人に似合うのか?という疑問もあるわけです。たいてい日本人て細身でスリムな感じなんですけど、このアバクロはSEXYをテーマにしているだけあって、かなり体系を選ぶ感じがするんですよね。カラダに相当自信がないと似合わない。アメリカ人って(特に若い人たちは)、基本的にみんな健康おたく、ジム狂いの人が多くて、体を鍛えて、週末はクラブに行って踊りまくって、鍛えたカラダを見せびらかす、といったことに喜びを感じる人が多いわけですが、まさにそんな風潮にアバクロのマーケ戦略がハマったという感じなのかな、と個人的に思っています。

あとは結構この「ワル」なイメージと関連しているのかどうか、かなりその服のデザインについて論争などもあるんですよね。人種差別的なメッセージをTシャツにプリントしたりとか、今はそんなことはないですけど、フィッティングを見る人は白人でキャッシャーがマイノリティなんてこともあったようです。また、そのセクシーさを強調するデザイン自体も、はしたないと見る人もいて、うちの近所のおばちゃんなんかは、「うちの娘には絶対アバクロなんて着せないわ!」と豪語してたり。
b0043019_254409.jpg

こういうこともあって、私はこのアバクロなんて買うもんかポリシーをずっと貫いてきたのですが、今日弟と買い物に来て、そのポリシーを破ってしまい、つい試しにセーターとジーンズを買ってしまいました。意外と普通のデザインの服もあるのですが、やっぱこの破けたジーンズが$86というのは、なんだかなぁ。
ちなみにサンプルをもらったコロン「FIERCE」は確かにもわっとくるいい匂いでした。

日本への進出はさ来年?といわれていますが、日本ではどういう反応があるのか、AFがどういうマーケ戦略をとっていくか非常に興味があります。
[PR]
by vandytaku | 2005-11-19 01:51 | 文化
Hot Yoga
最近日本でも流行り出してるようなのですが、アメリカで今ブームなのがHot Yoga。アメリカではYogaは年に30億ドル稼ぎ出す市場で、3年間で40%以上の成長を遂げています。
b0043019_15484276.jpg

最近ではIBM,AppleやNikeなども企業の福利厚生なんかに取り入れてるそうで、企業のHealth Care Costの削減にも利用されてるとか。

実は大学近くにもHot Yogaのスタジオがあって、Owenの前のバス停のベンチに「Skip next class, take ours」という面白いキャッチコピーが書いてあります。

すばらしい美貌とモデル並みのプロポーションを誇る友人のアメ人女性のI(ちなみに今年のOwenの一部のBrochureの表紙を飾っているので必見です)はこのHot Yogaの常連で大ファンなのですが、私と彼女とはOwen Runners Clubというクラブで一緒で、丁度私がマラソンに挑戦しようとしていることを彼女が知ったことで、インナーマッスルを鍛えるのにいいからやってみれば?ということで、成り行きで(半ば強制的に)誘われて行って来ました。

最初「ヨガかよ!」って感じで、なんかこう、ヘンな宗教っぽいものとか、ヒゲのおじいさんとかが体をくねらせているイメージで、少し鬱だったのですが、実際に行ってみると、かなりオシャレなんですね。

このHot Yogaというのは、温度を高くした部屋の中でヨガのポーズを行うもので、関節が温まることでポーズを取りやすくなることと、汗を大量にかくことで、体の新陳代謝を助け、心臓を強くするという意味があるそうです。ヨガの中でもハードでよりエクササイズにフォーカスしたものなのだそうで、もともとインドのヨガ研究家のBikramさんというインドの人がカリフォルニアに彼のヨガ理論を伝えて、アメリカ流に独自に発達したものらしく、なんというか、お手軽にすっきり!という感覚で楽しめちゃう、いかにもアメリカらしいスポーツという印象です。部屋にはアロマオイルなんかも焚いてあって、リラックスできます。

ちょっと調べたのですが、Yogaっていうのは単にポーズをとるだけではなくて、良い仕事をする、知識を身につける、信心深く信仰を行うといった考え方もYogaなのだそうで、一般的に言われているYogaはあくまでも、肉体的、精神的能力を高めるための呼吸法や肉体的なポーズのことを言うようで、、、。さすがインド人、なんか深いですね。

で、やってみた感想なのですが、とにかく大量の汗が体から吹き出る感じ。サウナ以上。意外とハードで、難しい。途中休んでいる人もかなりいました。
でも終わったあとはかなりすっきりで、例えると温泉に行って風呂から上がった感覚に似た感じ。
アメリカって日本のように湯船にしっかり浸かったり、サウナに行ったりする習慣がないからこういう感覚って新鮮なのかもしれません。

あと、Iの言うとおり、バランスを取るためにコアマッスルをかなり使うので、かなり全身の筋肉に効きます。慣れないうちはかなり筋肉痛になります。基礎代謝を上げたりするのにも良いかも。

ちなみに初回は一回$15、回数券でかなり割引になります。無料キャンペーンなんかもたまにやってるみたいです。Owenの学生は更に割引になります。(なぜかというと前述の常連Iの交渉の結果なのだそうです。さすがビジネススクールの学生ですね)

日本と比べるとかなり安いそうなので、私も回数券を購入して、これからもちょくちょく行ってみることにしました。
[PR]
by vandytaku | 2005-10-29 15:09 | 文化
Sushi Party
こっちに来てから、一度はやってみたいと思っていた、Sushi Partyが実現しました!

同じ日本人クラスメートのTさん、T2さん夫妻のご協力を得て、収穫の秋、味覚の秋、ということで、自宅にいつもお世話になっているアメリカ人やグループメンバーなどを10人ほど呼んで、パーティをしました。

当日は丁度今季絶好調のCommodoresというフットボールチームのホームゲームがあって、そっちにも非常に行きたかったんだけど、買い物と準備。今回はダウンタウン北のFarmer's Marketで魚介類、Nolensville Pike沿いのK&Sというオリエンタルフーズ店(安い)で海苔巻き用のすのこや寿司海苔を買ったり、Old Hickory沿いの日本食材店まで足を伸ばして、きゅうりだとか貝割れ大根、いくらなどを購入。

正直、寿司って日本にいるときはプロに作ってもらって食べるものっていう意識だったんですよ。一人前の寿司職人になるまで何十年、みたいな。でも結構それなりの味のものだったら、意外に簡単にできます。
今回は海苔まきと、後は手巻き寿司にして、アメリカ人たちに作り方を教えて、自分で好きなものを作ってもらいました。これが大ウケで、彼ら、自分で寿司を作ることにかなり興奮してました。
b0043019_332596.jpg


ちなみにすのこを使った海苔巻きの作り方はこんな感じ。(超自己流なのでアドバイス求む)

 1. ご飯を炊きます。(水少なめ。日本製の炊飯器なら寿司用の
   水の分量が表示されているかも)
 2. 炊き上がった後に、ご飯を別の大きな入れ物に移して「すし酢」を
   かけて混ぜます。
 3. 扇子や団扇であおぎます。そうするとテリがでるのだ。
 4. ネタを適当に切る。
 5. すのこに裏が上になるように海苔を広げて、すし飯を乗せます。
   横まで均一に。薄めに広げるのがコツみたい。
   鉄火巻きみたいに細めの巻きを作るのなら、海苔の手前半分だけに
   ご飯を広げるといいです。逆に太巻きにしたいんだったら、
   全体に薄くご飯を延ばします。
 6. 具を手前側にのせます。
 7. すのこを使って形をギュッギュッと整えながら巻きます。
 8. 海苔のつなぎ目は、水を塗って貼り付けて、もう一度すのこで
   形を整えて出来上がり。
 9. 海苔巻きを切るときは包丁を水で濡らしておくと簡単に切れます。

別にたいしたことしてないんですが、アメリカ人に見せると結構感動してくれるので、パーティーを計画してる人は試してみてはいかがでしょう。ヒーローになれるかも。

なんか久しぶりのクリエイティブな作業だったので、自分自身かなり楽しんでしまいました。
現在プライベートでもかなり海苔巻き作りにハマッてます。これ覚えちゃうとスーパーなんかで高い寿司なんて買えなくなっちゃいます。
さらにアメリカの寿司ってすし飯じゃなくて普通のご飯の場合が多いんですよね。
こっちで寿司のパック買うと7ドルくらいするんですけど、多分自分で作ったら1パック分で1ドルいかないんじゃないかと思います。さらに美味しい!是非是非皆さんもお試しを。
[PR]
by vandytaku | 2005-09-17 00:39 | 文化
ジョギング天国、アメリカ!
夏の間に色々と各地を飛び回っていたおかげなのか、大分体重が良い感じで落ちてきました。
CharlotteのDeloiteでインターンをしていた例のタイ人の友人Pから夏の間にがんがんメッセで「こっちでジョギングを始めたんだけど、いいよー!今度一緒にはしろーよー!」というメッセージをもらっていたこともあって、親しい友人グループと、Centennial Parkでジョギングしてきました。
b0043019_0272018.jpg

このCentennial Park、大学の北側にあるかなり大きな公園なのですが、なぜか真ん中に大きなパルテノン神殿風の博物館がどかんと建っています。昔々ナッシュビルで博覧会が開かれた時に、パルテノン神殿を建設したところ、とても評判が良くて、開催後もそのまま残ったんだとか。この神殿を囲んで1マイルのジョギングコースがあってなかなか良い感じです。

ただ、ここは夜になると人通りが余り無くなって、治安がよくなくなるということで要注意です。私たちは夕方の6時ごろにジョギングしたのでまだ明るく、他にもジョガーの人たちがいたので良かったですが、確かに暗くなったらちょっと怖そうかも。

アメリカって本当にジョギングしたい人にとってはいいところだなあと思います。グッズなどもどこでも安く手に入るし、とりあえずジョギング人口が半端じゃなく多いので、走っていてもみんなフレンドリーです。歩道もちゃんと完備しているし、みんな車での移動が基本なので、歩行者もあまりいません。たまに歩行者の人がいると、道をよけてくれたり、応援してくれたりしてくれて嬉しいです。

日本でも朝ジョギングしていたことがあるのですが、当時は杉並区のまさに住宅地のど真ん中に住んでいたので、車とのすれ違いや、通学中の女子高生などの冷たい目(笑)などにかなりストレスを感じるんですよね。ココは本当に走っていて楽しいです。

今日走ってとても楽しかったので、また定期的にジョギングをしようと皆で話しています。
[PR]
by vandytaku | 2005-09-14 00:20 | 文化
カントリーミュージックだけじゃないぞ、Nashville!
Nashvilleといえば、カントリーミュージック。ダウンタウンのBroadway沿いには歴史あるカントリーを聞かせるバーや昔ながらの南部料理のレストランなんかが立ち並んでいます。個人的なカントリーバーのオススメは、Bluebird CafeRobert'sですね。たまに出かけてビール片手に楽しんでいます。最初はちょっとアジア人がいない雰囲気に緊張しますけど、慣れてしまったらどうってことないです。みんな音楽好きでフレンドリーですし。Robert'sのようなBroadway沿いのバーには一本裏の通りから入れる裏口もあるので、週末なんかで混んでいるときはそこから入ることも出来ます。
またVanderbilt近くの住宅街にあるMusic Row(私もここのすぐ近くに住んでます)にはRCAやSonyやMercuryなんかのスタジオが立ち並んでいて、全米中をツアーするミュージシャンの派手なプライベートの改造大型キャンピングバスが良く止まっている光景をよく目にします。
b0043019_15212130.gif
Music Row付近のイラスト。右奥はVanderbiltの建物ですね。

b0043019_155676.jpg
カントリーミュージックの女王Shania Twainのバス。
でもちょっとコレは派手すぎかも

ちなみに昨年はちょっと前に日本でもブレイクしていたノラ・ジョーンズなんかが普通にNashvilleに来てましたし、映画「Coyote Ugly」でヒットした主題歌「Can't Fight The Moonlight」を歌っていたLeann Rimesがうちのすぐ前のレストランでパンケーキ食べてたりします。本当に音楽が生活に溶け込んでいて、まさに聖地という感じです。

でも、実はNashvilleはカントリーミュージックだけじゃなぁーいのです!
今日はJazz好きなTさんと一緒にGreen HillsにあるF.Scott'sというジャズバー兼レストランに行ってきました。入り口を入って左側がバー、右側がレストランになっていて、主にイタリアン中心のメニューを用意しています。かなりナッシュビルでは高級の部類に入るということもあって、ジャケット着用が良いと思います。かなり値段は張りますが、バーの方に行けば大体8ドルくらいから軽食も頼めます。ここも多分私が行った店の中で五本の指に入るほどおいしいと思います。(特にピザがオススメです。イタリア風の本物っぽいピザが出てきます)

このバーにはよくJazzのアーティストが来ていて、生演奏をすぐ目の前で聞くことが出来ます。私達が行った時には、Liz Johnson Quartet with THE BARBER BROTHERSというアーティストが来ていました。ナッシュビルは音楽スタジオが沢山あることもあって、カントリーミュージックのミュージシャンに限らず色々なアーティストが来ます。このアーティストさんも翌日はラジオの収録があるとのこと。ナッシュビルにはFM・AMあわせるとなんと50局以上のラジオ局があるんですよね。チューニングが大変です。
多分まだそんなに大物ではないんでしょうけど、非常に上手な演奏で、楽しい夜を過ごすことが出来ました。また是非来ようと思います。

Nashville、まだまだ奥が深いです。
[PR]
by vandytaku | 2005-02-28 23:28 | 文化
烏龍茶ゲット
先日のGlobal Food Festivalで緑茶を飲みに来て旨さに感動していたクラスメートのマイケル(彼の奥さんは中国人)に実家から送ってきた静岡茶の真空パックを一袋あげたら、今日お礼として奥さんが中国から持ってきた中国産烏龍茶を一袋くれました! わあい旨そうだ!旨い烏龍茶なんて最近飲んでないなあ。やっぱり取引ってお互いにValueを生み出すものなんだと実感。

くだらない内容ですみません。嬉しかったもんで。
[PR]
by vandytaku | 2005-01-30 12:39 | 文化
HDD購入
日本から持ってきたノートパソコンのVAIO R505Xのハードディスクが酷使に耐え切れなくなって、ついにご臨終。せっかく新しいOutlook2003の設定を学校のマニュアル見ながらやって学校のExchange Serverにつなげるようにしたのに、、、。がっくり。
というわけで、通販でノートパソコン用の新しい2.5" HDDを購入しました。100GBで200ドル也。結構するんだなあ。で、ずっと到着を待ってたのだけど、一週間経っても全然来ないので問い合わせたら、どうやら送る時に私の名前を間違ってプリントしてラベルにして送ってしまったらしい。
というわけで、ナッシュビルの自宅周辺でFedexのトラックが送付先を探せずに集配所に眠っていた。ほんっとにアメリカのオペレーションはなってないよな!!

というわけで、今日やっと届いたので、早速VAIOの分解&HDD取り付け&リカバリーを行う。ちょうど私の同級生もLaptopのHDDがぶっ壊れたらしく、なんか今の季節はそういう季節なんだろうか。寒いからかなー?
[PR]
by vandytaku | 2005-01-29 09:56 | 文化