MBA留学中のテネシー州ナッシュビルからお届けします。 Presented from Nashville, TN!
by vandytaku
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:つれづれ( 59 )
Annual Gupton Dodge Tom King Classic
4月に行われるカントリーミュージックハーフマラソンにエントリーしたということを以前書いたかと思うのですが、実はナッシュビルには3月にも"Annual Gupton Dodge Tom King Classic"というマラソン大会があって、今回Jと一緒にカントリーミュージックの予行演習といった感じで参加してきました。ちなみに私にとってこの大会が人生初のマラソン大会。マラソン大会デビューがなんとナッシュビルに!

この大会はダウンタウンの川沿いにあるタイタンズスタジアム(コロセウム)でスタートです。ハーフマラソン、5K、ウォーキングの三種の競技が開催されます。私は今回5Kに参加。
結局なんやかんやでタイタンズの試合を見ることが出来なかったし、前々から一度コロセウムに行ってみたかったということもあって、楽しみにしてました。
b0043019_20322515.jpg

スタートは朝7時、靴紐にタイム計測のためのチップをつけて、コロセウムの正面脇からスタートです。ぐるっと一度コロセウムの周りを走ってから、東方向に抜けて、I24との立体交差のあたりで引き返し、コロセウムの中へ。
この大会の特徴は、スタジアムの中にフィニッシュラインがあって、なんとコロセウムの中を走ることが出来ます。
b0043019_20345188.jpg

一旦地下のスロープに降りて、明るいスタジアムに入る時は結構感動しました。フットボール選手になった気分! スタジアムのトラックを走っていると、カメラでスタジアムに中継され、下の大きなスクリーンになんと、自分が走ってるところが映し出されて、名前を呼んでもらえます。
b0043019_2038057.jpg

今回マラソン大会初出場だったのと、アメリカ人に混じって走ることもあって、かなり緊張していたのですが、結果はJがカテゴリ8位、私がカテゴリ20位という好成績。
良い経験になりました。

アメリカの大会って、カントリーミュージックマラソンを見てても思ったのですが、みんなリラックスしていて、またエンターテイメント色も強いのでとても楽しいです。走り終わった後に色々とタダでいろんなものがもらえるし、周りのランナーもいい人達で仲良くなれるし、楽しかったです。

ただ、結構実際に走ってみると、やっぱり普段よりかなり早いペースになるのでかなり大変ですね、このままちゃんとハーフが走れるか不安です。もっとトレーニングしなきゃいけませんね。
[PR]
by vandytaku | 2006-03-18 20:26 | つれづれ
Nick & Rudy
表題のNick & Rudyというのは、Owenの道を挟んで向かい側にある「Nick & Rudy's Steakhouse」のことで、ここは毎週水曜日の5:30-7:30にワインのテイスティングのサービスを行っています。
$15をカウンターで支払ってグラスをもらったら、あとはワインのブースで飲みたいだけ飲むことが出来るというシステム。大抵は五種類のワインを順番にテイスティングしていって、あとは自分の好きなワインを言って注いで貰うといった感じになります。ちなみにチーズ、クラッカーなどのおつまみも食べ放題でIncludedです。

サーブされるワインはカリフォルニアワインが主体なのですが、結構毎回バラエティに富んだ比較的高級なワインが出てくるので、結構お気に入り。
オーナーのおじさん(多分Nickさん)によると、おじさん自身ワインが好きなので、もう道楽といた感じで採算度外視でやってるとのこと。漢ですね~。

一見、Valey Parkingだったりお客さんも結構いい格好をしてるので敷居が高そうなのですが、ランチなら10ドルしない程度ですし、もちろん水曜日のテイスティングだけでも全然OKなのでオススメです。本業のステーキはまだ食べたことありませが、友人が以前食べてるのをみたらウマそうでしたよ。ちなみにMusic Rowの近くでもあるので、近くに住むアーティストや俳優なんかの有名人に会えるかも?



で、とっても久しぶりに台湾出身アメリカ育ち、シンガポールで働いていたJとテイスティングに行ってきました。ここに来るのはこのブログでもご紹介した昨年のコモドアーズのバスケの試合のゲーム前に来て以来です。彼はGlobal Business Clubのプレジデントで、私がバイスプレジデントなので良くクラブ絡みでメールなどのやり取りをしたり、一緒にサシでどこかに遊びに行ったり、仲のいい友人です。最近では彼も最近マラソンを始めたのでトレーニング仲間でもあります。

彼は今年の夏からNYのCitibankで働く予定で、将来の生活設計のことなどについてワイン片手に色々と話してたのですが、マンハッタンの右岸川を挟んで向かい側のクイーンズにマンション購入を考えているそうで、来週あたりから本格的に物件探しを始めるとのこと。クイーンズって食べ物が美味しいって言ってたんですけど、そうなんですかね?2,000万円くらいで2bedの物件が購入できるそうですね。
彼自身、2,3年たったらシンガポールか台湾に戻ることを考えているそうなのですが、なんで購入するかというと、もともとNYが好きで帰っても年に何回かは利用するだろうということと、将来子供に教育を受けさせる上でアメリカに家を持っていると何かと有利だと思うからなのだそうです。

ちなみにアメリカ人のクラスメートは結構既に家やマンション購入をしている人が多くて、ここナッシュビルに一軒家を持ってるクラスメートも沢山います。大抵アメリカ人のクラスメートは年齢的に20代半ばといった感じの人が多いので、もう30過ぎの自分にとっては少し驚きでしたが、もともとアメリカの家って日本と比べると安いし、頭金もそんなに高くないんですよね。現在アメリカでは不動産が好調なのですぐに転売することを考えるとアパートを借りるより、コストが安く済むみたいです。

Jは高校からアメリカに来ているので、クレジットヒストリー的にも問題なく、家購入に十分なお金を借りることが出来るのですが、確かに、自分ももしアメリカにこのままコンスタントに住所が持てたら色々と便利かもしれないなぁ、と少し考えてしまいました(仕事で来る可能性は余りなさそうですが)。ただ、子供の教育に関しては、台湾ではアメリカのUndergraduateを卒業している方が評価されるようなのですが、日本だとどうなんでしょうね。日本で就職させるのであれば、やはり大学までは日本でしっかり教育した方がいいのかもしれませんね。

丁度今年度から、F1ビザの学生はアメリカでSSN(ソーシャルセキュリティナンバー)を持つことが出来なくなり、クレジットヒストリーも貯まらなくなるので、アメリカでの経済活動に大きな制限がかかっているのですが、私は幸運なことにSSNを入手できた最後の世代ということで、クレジットヒストリーも好調に蓄積されているので、このまま銀行口座とカードを日本に帰っても解約せずに維持しながらクレジットヒストリーを着実に貯めていこうかなと考えています。まあ、アメリカで家購入というのは多少極端なケースですが、アメリカでのクレジットヒストリーは将来色々と役に立ちそうなので、、、。



ちなみにこれからが本題なのですが(笑)、Jはこの年末台湾の実家に帰っていて、インターンシップをしたそうなのですが、そのインターンシップがなんと記者の仕事だったんだとか。
で、なんとなんと、あの金城武のインタビューに同行し、直接彼に今度公開される「Perhaps Love (如果・愛)」という映画のインタビューをしたみたいなんですよ!!!

b0043019_18111038.jpg

もともと金城武って台湾生まれで、台湾でも超人気なんだそうです。今回のインタビューはマンダリン(北京語)で行ったとのことなんですが、やっぱりアジア各国の言葉を自由に操れるアドバンテージは彼の俳優としてのCompetitivenessなんでしょうねー!

で、彼曰く、金城武の印象を一言で表すと「ありえんほど痩せてる」とのことで、お互い「ありえんほど痩せてる」とは程遠い似たような体型の私達、ダイエットを改めて誓った夜になりました。
[PR]
by vandytaku | 2006-01-18 18:19 | つれづれ
雪が降りました!
久しぶりにナッシュビルに雪が振りました。

日本から帰ってきた時にはやっぱりナッシュビルって暖かいなあと感じたのですが、実は周りの人に聞いてみると、たまたまだったそうで、だんだん寒くなってきてたんですよね。でもマフラーや手袋は必要ないです。短パンでジョギングしている人、まだ見かけるし、、。

で、今朝窓を開けたら一面うっすらと雪が景色を覆っていてびっくり。今年3回目になるのかな?またアメリカ人に「雪が降ったね!」といったら、またまた単語を訂正されて、これは"snow"ではなくて今度は"flurry"だと言われてしまいました。(辞書を引くと粉雪って意味のようですね)

Flurryと言えば、そういえば、こちらのマクドナルドでは、McFlurryなるものが売ってます。(なんとWikipediaによる解説もあったりする)

b0043019_173250.jpg

これはソフトクリームにOreoとかM&Msなどを混ぜて、ぐちゃぐちゃミキサーで混ぜたシェイク状のもので四角いプラスチックのスコップみたいなスプーンで食べるのですが、まあ、いかにもアメリカらしい食べ物というか、体に悪そうなデザートです。ただゲテモノ好きの私にとっては結構ツボにハマっててたまに頼んだりしてます。特にあのM&Msの合成着色料がソフトクリームに溶け出してなんともいえない色合いになるあたりにアメリカを感じます。

ちなみに日本で売ってないのは、やはりあの気色悪い色合いが原因なんでしょうね、、。この商品に「粉雪」という意味の「Flurry」という単語を惜しみなくつけちゃうところに、アメリカのブランド戦略のアザトさを感じてしまいますね。

ちなみに本国アメリカではかなり人気商品のようで、なんと子供向けにこんなものまで売ってます↓
b0043019_1733886.jpg
マックフルーリーメーカー


アメリカに来られた際にはお土産に如何でしょう?(いらねーよ)

ちなみにちょっとググッてみたところ、横須賀などの基地の中にあるマックではこのMcFlurryが普通に売ってるそうで、基地開放日などに行くと味わうことが出来るのだとか。

一度試してみる価値はあるかも。(と無責任な発言)
[PR]
by vandytaku | 2006-01-17 17:01 | つれづれ
今起きました。
今ナッシュビルは昼の11時なんですが、やっと今寝床から起きたところ。
今週は怒涛の一週間でした。やっぱりサンクスギビング明けって、ミーティングも集中するし、課題も多いし大変ですね。プレゼンやミーティングやProduct Design and Innovationのオープンショップ(展示会)のイベントなんかもあって、大変でした。

このモジュールでERPの授業を取っているのですが、今回のテーマは2000年代の飽和したERP市場での各ベンダーの競争みたいなことをやっていて、私の担当がJ.D. Edwardsというところだったんです。
もともとこの会社はデンバーの会計士3人によって設立された会社で、「One World」とか「J.D.Edwards5(EnterpriseOne)」というような中小企業向けに強いERPベンダーだったんですけど、大企業向けの人事系ERPに強いPeoplesoftとの合併をアナウンスした後、なんと三日後にこれを阻止するためにPeoplesoftの敵対的買収をOracleから仕掛けられてしまうという、波乱の道を歩んだベンダー。結局今はOracleがJ.D Edwardsのソフトウェア資産を受け継いでいて、2013年のオラクルのE-Business Suiteの新しいバージョンが出る頃に完全統合される計画になってます。オラクルはそのアグレッシブな社風で有名で、この他にも様々なベンダーの買収をやっています。現在はSiebelの買収もやってますけど、これからいかにこれらの買収した技術を統合してゆくかというのが課題になるかと。

というわけで、もう会社としては存続して無いJ.D. Edwardsの資料集めがホント大変で、結局水曜日は徹夜してしまいましたよ。この年になっての徹夜はつらいです。結局プレゼンは成功して教授の反応も良かったから、良かったんですけど、、。

話は変わって、今週はイベントも目白押し。例のProduct Design and Innovationがらみのイベントに加えて、今週はOwen美女三人衆(以前のBlogにも出てきているIと、グローバルビジネスクラブのプロモーション撮影でもお世話になったプロポーション抜群のK、これまたアスリートとして有名なL)の誕生日パーティが昨日の夜10時からモロッカンクラブをほぼ借り切って行われるとのことで、眠い目をこすって行ってきました。

ある意味カリスマ的存在の彼女達の誕生日パーティということで、60人以上のOwen生(結果的には配偶者などを含めると150人以上いたような...)が参加するかなり大きなイベントでした。
まあ、パーティ大学としてもランキング上位を誇るVanderbilt生のパーティというのと(うーん、良いことなのか悪いことなのか分からない!)、マーケティング専攻のKの企画力の成果なのか、イベントは圧巻でした。三人も日本ではまずありえない格好でお立ち台で踊ってましたですね。普段の授業での姿からは想像できません。
アメリカ人でいつも不思議に思うのは、こういったパーティー会場になると、急に開放的になって、普段話したことのないような人でもフレンドリーになるんですよね。ギャップが凄い。
ある意味ネットワーキングもかねているのか、いつもパーティーに行く度に、知り合いの数が飛躍的に増えていきます。
ちなみにこちらではEviteという便利なパーティーツールもあって、パーティーのオーガナイズも便利です。

結局昨日は夜の3時位まで盛り上がった後、ベッドに倒れこみました。
ちょっと二日酔い、、、。
[PR]
by vandytaku | 2005-12-03 01:53 | つれづれ
K&S World Food Market
今日、Hotyogaの帰りにふとラーメンが食べたくなって行きつけのCharlotte Pike沿いのベトナム料理レストランに。ここには3件ベトナム料理の店があるのですが、Kien Giang, Miss Saigon, あと名前わすれたけど最近日本料理も始めた店。ベトナム人の留学生Kに聞くところによると、Kien GiangはBunというつけめん、Miss SaigonはPhoというラーメンみたいな奴が美味しいのだとか(自分はいまいち味の違いはわからないんですけどね)。
個人的にはいつもKien Giangの方が好きで良く行くのですが、今回はMiss SaigonのPhoを頂く。ベトナム料理って野菜たっぷりだし、カラダに優しい感じがして好きです。日本のラーメンが食べたくなると行っていつもPhoを食べるんですよね。安いし、チップいらないし。
家でラーメンの素で作ると具を自分で作らなきゃいけないし、一番とか新富までわざわざ行く気になれないんですよ。

さて、で美味しくラーメン、いやPhoを頂いた後、ふと横を見ると同じモールの並びにK&S World Food MarketのCharlotte Pike店がオープンしててびっくり。ずっと工事してたのは知ってたんですけど、もうオープンしてたとは。

K&S World Food Market(以下K&S)とはナッシュビルの南、Nolensville pikeという大通り沿いにある韓国資本のアジアンマーケットなんですが、日本、中国、韓国、タイ、ほか南米などの食料品や雑貨が安く手に入るスーパー。ナッシュビル在住独身者には定番の無洗米「錦」(カリフォルニア米です)の他、手作りキムチ、豚ばら肉、納豆、金時バー、さらには何故か沖縄のオリオンビールなどなど。特にお菓子類の充実度は半端じゃありません。自分がこよなく愛している
b0043019_11414921.gif
地元のお菓子屋さん「春日井」の果汁100%グミキャンデー


なんかも手に入っちゃいます。
とにかくここは安いし品揃えも良いので良く行くんですけど、Nolensville Pikeって渋滞するし、遠いし、で不便だったんですよね。

今回大学近くのCharlotte Pike沿いに新店舗がオープンしたことでかなり生活が便利になること請け合いでしょう。

で、早速中に入ってみるとこれが広くて綺麗なんですよね。Nolensville Pike店の方は国別にまとめられていたんですが、こっちは品物別に分かれてるようです。
韓国料理のデリ、日本に近いやわらかそうなケーキのコーナーなんかもあってちょっと感動モノでした。

早速ウーロン茶とか抹茶アイスや肉などを買いこむ。

店員さんに聞いたところ、先週の火曜日にオープンしたばっかりなんですって。まだ全然人は入ってないけれど、これからアジアン達で賑わうようになるんでしょうね。
[PR]
by vandytaku | 2005-11-27 11:48 | つれづれ
Loveless Cafe
タイトルを見て、なんじゃこりゃと思った人もいるかもしれませんが、これは西にのびるHwy100沿い、私のお気に入りのNachez Trace Parkwayの入り口付近にあるレストランの名前です。Lovelessと聞いてどきっとしてしまいますが、これは創始者さんの苗字です。

先週、紅葉を見に行った後で、友人と話をしていたら、そういえば、入り口の近くにすごくフライドチキンのウマい店があるらしいよ、と教えてもらったのがココ。

皆さんご存知のケンタッキーフライドチキンがあるように、フライドチキンというのは、南部の名物料理なんですよ(ケンタッキーも南部です)。最初こっちに越してきたときに、周りの人に、「名物は何ですか?」って聞いたときに「そうねぇ、フライドチキンかしら」と返ってきた時にはかなりびびりましたが、他にも、キャットフィッシュのフライ(なまずのフライ)やオクラのフライなんかも有名です。とにかくDeep Fryするのが南部流という感じのようです。

さて、このLoveless Cafeですが、そのボストン出身のクラスメートが、その友人をつれていったところ、「今までの人生で食べたフライドチキンの中で一番おいしい!」という反応だったそうで、アメリカ人をしてそう言わしめているということは、さぞかしウマいのだろう、ということで今日弟と友人Pで行ってまいりました。実はウェブサイトもあります。

ここ、かなり歴史があるようで、フライドチキンなんかは1950年のレシピをそのまま使っているのだそうです。見た目はかなりボロい建物で、裏にモーテルなんかもあるので、かなり怪しいのですが、入ってみると、いかにも南部!という感じの雰囲気ある内装。
建物の横には小さなギフトショップなんかもあって、結構面白いです。
店の人も超フレンドリーで、色々と話してたんですけど(実はベルモント出身らしい)、パンケーキが人気メニューで、週末なんかは2時間待ちなのだそうです。

で、私たちはお勧めの1/2羽分のフライドチキンとポークチョップ、あとはお勧めデザートということで、バナナの入ったジェロにクッキーが入っているデザート(これも典型的な南部料理)を注文したのですが、本当にもう、噂どおり、とてもおいしかったです。

まずは、最初に出てくるビスケットがウマいんですよ。これが。3種類のHomemadeのジャムと一緒に出てくるんですが、ほくほくしていてまじウマです。

フライドチキンはなんというか、日本でいう唐揚げみたいな感じの味で、表面が薄くぱりぱりしたコロモで、中のチキンはとてもやわらかでジューシーな感じ。レモンがあるともっとウマい、ということで、水を注文して、一緒についてきたレモンスライスを絞って食べてみたら大正解でした。
b0043019_14402467.jpg

ナッシュビルに来て一年半、まったくノーマークだったのですが、ここは絶対にMustな店でしょう。是非是非、ナッシュビルにいらっしゃったら試されてはいかがでしょうか。
[PR]
by vandytaku | 2005-11-17 14:21 | つれづれ
Opry Millsへ
今日はProduct Design and Innovationのデザインスケッチとレポートを午前中に終わらせてチームメンバーに送った後、午後から弟と友人Pとベトナム料理を食べて、一緒にOpry Millsへ。

Opry Millsはナッシュビルの空港近くにある、Gaylord Entertainmentという会社(Owen卒業生も多数)がやっているナッシュビル唯一の巨大複合リゾート施設です。
見所はOpry Mills Hotelという巨大ホテルで、建物の中に巨大な屋内庭園があることで有名。滝や川もあって、ボートでジャングルクルーズさながらに川下りを楽しむなんてこともできてしまいます。

弟はこのホテルを見るのは初めてだったのと、丁度Haloweenも終わって、クリスマスデコレーションが始まったそうで、久しぶりに行ってきました。
川のほとりに大きなクリスマスツリーが立っていて、橋の欄干などにも柊などが飾ってあったりして、ああ、もう今年ももうすぐ終りなんだなあ、としみじみ実感しました。時間が経つのは本当に早いですね。ちなみにこの庭園の中央にあるステージでは、毎晩コンサートやイベントが開かれているようです。また今度は夜に行ってみようかなと思います。

このホテルの横にあるモール、Opry Mills Mallはもともとこのホテルの遊園地があった部分をつぶして建設されたものなのですが、モール経営の成功例としてこちらでは有名です。Nikeのアウトレットがあるほか、ナッシュビルならではのギターのGibsonのショールームがあったり、Banana Republic, Gap, Brooks Brothersなどの定番ブランドも多数入っています。週末ともなると、ナッシュビル中から人が集まってきて大賑わい。(友人P曰くナッシュビルのハイライトってここしかないよね、と厳しいひと言)

今回は来年早々に会社の会議に出席するのでBrooks Brothersのアウトレットで冬物のスーツを購入しました。ナッシュビルは暖かいかと思って3シーズン物しか日本から持ってきていなかったのですが、いざ来てみると冬は意外と寒くなるし、イベントなどで冬にスーツを着る機会が多いんですよね。今までは我慢してたのですが、丁度私の服のサイズも変わってきていたので、初めてアメリカでスーツ購入。ちなみに上下で299ドルでした。Brooks Brothersが上下で299ドル!!日本だと確か軽井沢にアウトレットがあったような気がするのですが、ここまで安くないですよね。ちょっと驚き。

私は無駄に胸囲と肩幅(とウェスト)がある割りに背が低いずんぐりむっくり体系なので、日本だと、まずアウトレットなどでは私に合うサイズの服がないんですよね。店員さんの「すみません、ちょっとサイズが、、、」という声が怖くて服を買いに行くのが億劫なんですよ。

でも何故かアメリカではどこのブランドでもばっちりサイズの既製品が買えていつも買い物が楽しいです。安いし、日本に帰る前に買いだめして置こうかなぁ。

スーツ購入の後は丁度Banana Republic(Gapの上級ブランド。ちなみに下位ブランドはOld Navy。これもOpryに入ってます)がセールをやっていたので、冬に備えてジャンパーとセーターを購入(40%引き)。

齢30にして服を買う楽しさに目覚めた私。ああ、買い物って楽しいですね!
[PR]
by vandytaku | 2005-11-04 23:05 | つれづれ
弟が来た!
弟が日本からやってきました。

彼は12月から新しく仕事をするので、それまでの間VanderbiltのELCで英語の勉強をすることになりました。会うのも久しぶりだったのですが、とりあえず色々とHenri Charpentierや錦松梅などの日本からのレアモノ物資が届いて非常に嬉しいです。こういうものって絶対にアメ人には作るの無理だと思う。

とりあえずCostcoで日常品や食料品を調達して一ヶ月間の共同生活に備えます。
[PR]
by vandytaku | 2005-10-19 14:51 | つれづれ
STOMP
今日はダウンタウンにあるホールにはるばるSTOMPというミュージカル(パフォーマンス?)がやってきたので、友人達と見てきました。

アメリカに来てから、学校のイベントや友人、家族を案内したりということで、NYには相当足を運んでいます。ただ、エンターテイメント関係はMamma Miaとかのミュージカルを1,2回見た程度だったんですよね。このSTOMPもチケットが売り切れ続出でNYで見れなかったので非常に楽しみにしてました。

STOMPはもともとイギリスのストリートパフォーマンスで、カラダやガラクタなどの音でパフォーマンスをするコメディです。1981年が初演ということですから、もうかなりロングランですよね。その間に色々と進化を遂げています。

最初はガラクタのパフォーマンスということで、2時間もどうやって間をつなぐんだろう、と思っていたのですが、実際に見てみると、あっという間でした。途中で観客もパフォーマンスに参加したりだとか、ところどころに楽しませる演出がいっぱい。
b0043019_1403457.jpg

アメリカの観客もノリノリ、こういう一体感がライブの楽しさですよね。日本じゃ味わえないなぁ。
見ていて気づいたのですが、これ、日本でもトヨタとかアップルがCMに使ってましたよね。

実は韓国にも「NANTA」っていう同じようなパフォーマンスがあるんですよね。これはガラクタではなく、キッチン用具を使ったパフォーマンスコメディなんですが、以前韓国に行った時に見て結構感動したんですけど、同じ雰囲気を感じました。韓国の人ってパーカッション系の音楽好きですよね。このSTOMPも、積極的に韓国公演をしたりしているらしいので、もしかして、NANTAもこのSTOMPに影響されたのかもしれませんよね。
[PR]
by vandytaku | 2005-09-22 01:20 | つれづれ
2年目スタート
今日から2年目がスタートです。
久しぶりに学校に戻ってきて驚いたのは、1年生の皆さんのインターナショナル比率が高くなったことかな。ちなみに今年はなんと日本人の在籍数も19人です。見ていると、皆さんすでにすっかりOwenのコミュニティにもなれてらっしゃる様子でいいですね。

自分の履修しているコースにも、色々なバックグラウンドを持つ何人かの1年生(彼らは必須科目のいくつかをWaiveしており、他の科目を取ることが許されています)もいて、話をしていると面白いです。

微妙に施設がリニューアルされていて驚きました。
いつのまにか教室のレイアウトが変わっていたり、自習室の椅子が増えていたり。
学校が休みになる夏の間にこういう工事をまとめて行うんですね。
[PR]
by vandytaku | 2005-08-22 00:13 | つれづれ