MBA留学中のテネシー州ナッシュビルからお届けします。 Presented from Nashville, TN!
by vandytaku
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:勉強( 30 )
最終学期
更新滞りまくってますが、ModIIIのテスト、楽しかった春休みも終えてとうとう最終学期に突入です。
今回は最終学期で単位も揃いすぎているほど揃ってることもあって、3科目のみの受講。

Marketing Strategy
Owen看板教授の一人、Donna Hoffmanによるマーケティング戦略の授業です。マーケティングの授業では多分一、二を争うDemandingな授業で有名。
このHoffman教授はアメリカ人の間では"Bitchy"な教授として人気です。もともと"Bitchy"というと"意地悪ババァ"という悪い意味なのですが、みんな「かっこいいー」という意味を籠めて呼んでいる感じみたいですね。なんていうか、パワフルでどぎつく、口が悪くて、さばさばしてる感じがたまりません。すごく楽しいです。

Markstatという超メジャーなマーケティングゲームを皆でやります。今回クラスが21人なので、大体4人から5人の5つのグループが同じマーケットを競っている各会社のマーケティングのVPになってマーケティング戦略を行い、株価を競います。
ゲームの結果が成績の大部分になってしまうため、かなり成績面では不安なのですが、グループがとっても楽しいメンバー(テキサス出身巨漢のカウボーイN, Owenアイドルの元PepsiのマーケターC, 自称コメディアンD)なので楽しみです。みんなとっても早口なので議論やボケと突っ込みのやりとりについていけるか心配ですが、最後のチャレンジ、頑張ります。

Advanced Spreadsheets for IT
Excelによる各ビジネスケースをいかにVBAを使ってモデリングするかという授業。一見Engineeringっぽいネーミングなんですが、OperationとITの授業で、ビジネスにフォーカスしています。先生のLarry LeBlanc教授は一見サンタクロースとかきこりみたいな感じの風貌で職人という表現がぴったり。
先日のJapanese Eventにも奥さんを連れてきていたほどの日本びいきでもあります。

私は一応VBAの知識はもともとあるのですが、授業はビジネスの課題のモデリングにフォーカスしているので、日本に帰って即応用できるような知識を身につけることができ、大変役に立つ授業です。

US-Japan Relationship (East Asian Studies)
もともとアングラ向けの授業なので、セメスター制をとっていることもあって、Owenとは別スケジュール、前モジュールから引き続きの受講。防衛、外交分野で日本でも超有名なVIPPSのJames E. Auer教授による日本論に関する授業。大変人間的に素晴らしい先生で非常にHelpfulなんですが、授業は非常にアカデミックでDemandingです。特に毎回かなりの量のリーディングとQuiz、中間試験や期末試験なんかもあるので、Internationalにとってはかなり大変。さらにビジネスと外交・政治文書だと出てくる単語の分野が全然違うので、辞書片手に頑張ってます。なんかアメリカ来たときに戻った気分。


という感じで、結局かなり負荷高めの授業選びをしてしまいました。
とはいっても最後の学期ということもあって、学業&アメリカでの生活の両方を充実できるようにしていきたいですね。

と書いたのはいいものの、今週はじめから見事に風邪を引いてしまってダウンしてます。
最近季節の変わり目なのか温度変化が激しくて寝冷えしてしまったようです。トホホ。
[PR]
by vandytaku | 2006-03-17 20:05 | 勉強
エビチリ
ERPのTerm Paperを書き上げて、本日プレゼンも無事終了、これで今年の授業は終わりです。来週からはテスト期間に突入。
でもNPDの授業のTrade Showが明日ということで、今日の午後はグループワーク。
Trade Showのための色々なグッズを探しにGreen HillsモールのApple StoreやHome Depotに行かなくては行けなかったりと中々開放されません。この後マーケのレポートなんかも書かなきゃいけないので、慌しい日々が続きます。ちなみにアップルストアでも探していた部品が見つからなくて、結局購入したのはコレ↓
b0043019_15551057.jpg
NikeのiPod nano用のスポーツ用アームバンド

さすがNike、オシャレだしフィット感が良いです。カバーを通してiPodの操作もできるから便利。ジョギングが楽しくなりそうです。洗濯もOK。ただ、Lでもサイズが小さいんですよね。なんかレビューを見てると傷が付くとか書いてありますけど、シリコンケースに入れたままでも使えると思います。

グループワークの後は友人達と雨の中大学のレクリエーションセンターまで行って、二階の屋内トラックでジョギングしてきました。ココで走るのは二回目だったんですけど、さすがに雨ということもあって前回と比べると人が多かったですね。しばらく走ったあとで下のジムに行ったんですけどOwenの同級生達が沢山いてびっくり。ホントアメリカ人てジム好きですよね。なんかいつもいる人とかもいて、こいつここに住んでるんじゃないかと思うほど。
それにしてもここのジムは広いし設備も良いし快適です。日本にはあまりこういうところがなさそうなのであまりこういう環境に慣れてしまうと帰国してから大変そうです。

夕食は台湾出身シンガポール育ちのGの提案でChina Chefまで車を飛ばして行って来ました。美味しい北京ダックが安く食べられる店でOwenでは有名なのですが、個人的には茄子の炒め物がオススメ。(前も書いたっけ?) 今日店のおばちゃんと話していたら、エビチリもおいてあるのが偶然判明したので、次回頼んでみたいです。
ずっと渡米以来エビチリに飢えていたんですけど、「Shrimp with chili source」だとどこのレストランでも通じなくて、中国語でなんていうか知りたかったのですが、「干焼蝦仁(ガンシャオシャーレン)」て言うんですって。ちなみにここのおばちゃんは「Tomato Source Shrimp」とか言ってたなぁ。
[PR]
by vandytaku | 2005-12-09 15:50 | 勉強
初雪
北の地方では以前からじゃんじゃん雪が降っているそうなのですが、とうとうナッシュビルにも初雪が降りました。
今年の年末は少しの間日本に帰国することになったのですが、留学生が留学期間中にアメリカ国外に一時出国する際には、再度入国する際に入国審査官にチェックされるI20という大学発行の書類にサインをもらっておかなくてはなりません。新しくスタジアムの近くに最近移転したISSSまで久しぶりに旧キャンパスの中を歩いていると空から白いものが。最近ずっと寒い日々が続いていたのでそろそろかな、と思ったらとうとう来ましたね。

帰ってきてチームメンバーにとうとう雪が降ったね!てな感じで話をしてたんですが、アメリカ人に言わせると、これはSnowじゃなくてSleetだと主張してたので、調べてみると「みぞれ」っていう意味なんですね。みぞれだって雪じゃん、と思ったのですが、どうやら意外とに厳密に使い分けをしているようです。

ちなみにI20のサインはディレクターが出張中なので木曜日にできるとのこと。それにしもISSSのスタッフはいつ行ってもフレンドリーで心が和みます。
[PR]
by vandytaku | 2005-12-06 16:14 | 勉強
Product Design & Innovation
ブログでもちょくちょくこの授業について触れていますが、今回のモジュールの当たり授業の一つで、かなりの時間をこの授業に割いています。一見マーケティングの授業のようなネーミングなのですが、実はオペレーションの授業。

教授はコアの授業でLTO(Leading Teams and Organization)を教えている看板教授の一人、David Owens教授。なんて彼がこんな科目を教えているかというと、もともと彼はエンジニアリングスクールの出身で、アメリカの代表的なプロダクトデザインの会社、ideoというプロダクトデザインスタジオに勤めていた経験があるから。実際に授業でこの会社の紹介ビデオなどを見たりしたのですが、どの社員もクリエイティビティにあふれていて、とても面白そうです。実は最初にマッキントッシュ用のマウスを開発したのも、この会社なんだそうです。彼のここの会社での経験を活かして、実際のプロダクトデザインが行われていくプロセスについて、実際の企業とコラボレーションを行いながら学ぶというのがこの授業のコンセプト。もちろん、財務分析も行うし、コンジョイント分析などのマーケの手法なども使うので、今までやったことをおさらいしながら、開発をしていく、といった感じで面白いです。

で、今年は私たちはiPodの周辺機器で有名なGriffin Technologyという会社とコラボを行っています。名前を聞いたことある方もいらっしゃるのではないでしょうか?FMの電波でiPodの音楽データを飛ばすiTripで有名です。実はこのGriffinって、ナッシュビルの会社なんですよ。
実は私も日本にいる時から知っていた会社なので、最初にGriffinのCEOが授業にやってきたときには少し感動してしまいました。
b0043019_2194358.jpg

この科目はDeveloping and Marketing New Productsというマーケティングの科目とのジョイント授業でもあり、チームも授業にまたがってアサインされます。今回のチームはホンデュラス出身で、WebsiteコンテンツのデザインコンサルをやっていたA、元空軍のブラックホークパイロットのJ、一年生でエンジニアリングスクールとのDouble DegreeのS、マーケティングの授業からは元教師で学校でも有名なオープンなゲイのRというバラエティに富んだチーム構成。特にホンデュラスのAはウェブサイト関係つながりで特に親しい仲で、彼のクリエイティビティは凄い(色々なInnovation関係のケースコンペティションで様々な賞を受賞している)ので、本当に刺激的なグループです。

で、今回は色々とiPodの周辺機器の開発をやっているのですが、本当にiPodの周辺機器って凄い数あるんですね。なんかもう、出尽くしたんじゃないか、と思うほどです。
http://www.ilounge.com/index.php/news/comments/download-now-ilounge-holiday-buyers-guide-2005-2006/
(Single pageからZipファイルをダウンロード)
結構このiLoungeというサイト、世界中のiPodきちがい(iキチとでも呼ぶのでしょうか?)によるギャラリーなんかもあって、面白いです。
http://gallery.ilounge.com/

自分たちは今回Appleから新しく開発されたVideo iPodに焦点を当てて、色々なグッズを思考錯誤しながら考えているんですが、なかなか難しいですね。

来週には、いよいよGriffinの本社でトレードショウなので、追い込みを行っています。グループワークも目白押し。大変ですが頑張らないと、、、。
[PR]
by vandytaku | 2005-12-05 02:20 | 勉強
Mod II
さて、はやModIIのスタートです。
Owenでは、夏にModIとModIIの授業登録をまとめて行うのですが、授業の最初の週の木曜日に実際に履修する科目を確定させればそれまでは自由に変更、追加、削除が出来るシステムになっています。
大分履修登録に慣れてきたこともあって、最近ではとりあえず色々な授業に出てみてからじっくり履修科目を決めるような形で履修登録をしています。

結構、最初の印象と実際に出てみた印象って違うものだし、あとはクラスの面子とか、グループによっても授業の充実度って違うような気がします。そんな中、私が最初の週に見てみた授業は以下の通り。

The Promotional Mix (Martin-Kidd)

Accounting and Finance for Entrepreneurs (Boer)

Product Design and Innovation (Owens)

Writing a Business Plan (Boer)

Enterprise Resource Planning (Blanning)

Corporate Governance (R.W. Oliver)

特に月曜日は一限から四限までぶっ続けで授業だったのでかなりへとへと。
この中から3つ選択するのですが、どうしようか検討中です。
[PR]
by vandytaku | 2005-10-18 00:12 | 勉強
2年目のModI
ずいぶんと久しぶりな更新になるんですが、どれくらいの人が気が付いてくれるかな(笑)

ご存知MBAコースでは、秋セメスター(8月~12月)、春セメスター(1月~5月)を二つのモジュールに分けてModI~ModIVと4つのモジュールを設定しているのですが、現在はもう、2年目のModIが佳境を迎えていて、来週は試験です。

2年生になって、自分の専門科目をじっくり取ることができるようになって、非常に充実した生活を送っています。1年生の時に頑張ってかなりの科目を消化(?)し、さらに夏にドイツに交換留学に行って単位を取得したので、今回のモジュールで取っている科目は3科目です。

Marketing and Digital Environments (Marketing専門科目)
Outsourcing Business Processes (IT専門科目)
Management Science in Spreadsheets (Operation&IT専門科目)

この一番上のMarketing ad Digital EnvironmentsというのはTom Novak教授(以前Marketing Engineeringという科目のことを書きましたが、同じ先生です)というOwenの看板教授のうちのひとりが教えているeCommerceの代表的な授業で、ある意味eCommerceを目指すものとしてはMUSTな科目なんですが、毎回ライトアップの提出やグループワークなんかがあって、かなりハードな科目です。私は特に、この科目を取るためにOwenに来たといっても過言ではないので、毎回かなりの時間をこの科目に費やしています。

Outsourcing Business ProcessはBob Blanning教授によるオフショアアウトソーシング、BPOに関する授業。IT出身の先生なので、かなりビジネススクールというよりはいわゆる大学の講義に近いまったり感があるのですが、それでもケーススタディやグループワーク、クラスディスカッションなどがあって、特にクラスメートとの討論が面白いです。

Management Science in SpreadsheetsはいわゆるExcel講座、なのですが、単に使い方を覚えるというよりは、ソルバーなどのツールを使って、ファイナンス、オペレーション分野の問題をいかにモデル化するかということに重点が置かれています。いかにもアメリカっぽい授業ですね。私はかなりExcelの知識に関しては自負があったのですが、こういうアプローチは今までになかったので毎回目からウロコです。毎週宿題があって、意外に時間を取られてしまいます。

また授業の感想など、アップしていきます。
[PR]
by vandytaku | 2005-10-05 00:04 | 勉強
プレゼン終了!
今日のMarketing Digital Environmentは今回のグループワークの集大成というべき、プレゼンテーションでした。私たちのグループはずっとHPShopping.comという米ヒューレットパッカード社の子会社のe-Commerceサイトのリサーチをしていたのですが、今回のプレゼンの課題はこのサイトの新しいマーケティングプランを考える、というもの。
SegmentationやPositioning、Customer Experienceの7-Elementsの分析やらCustomer Interfaceの7Cなど、色々と分析を加えていくうちになんとスライドが48枚!それでもまだ足りない!ということで、今回のプレゼンはいかに効率よく情報をまとめるか、ということがテーマだったような気がします。

今回のマーケのグループは今までの中でもかなりベストなチームだったような気がします。アメリカ人N、タイ人L、そして私の3人だったのですが、お互いに相手を尊重しながら意見を出し合いつつ、ウマく高次のアイデアにもっていくことが出来たんではないかな、と。
あとはやはり、リーダーシップを取るためには、学んだ知識を頭の中の引き出しに整理しておいて、いつでも取り出せるようにしておくことが肝心だということ。
今までは忙しくてあまり予習などに時間がとれなかったこともあって、必要な部分の予習をして、とりあえずまず、問題を解いてみて、教科書をまた見て、ということが多かったような気がするのですが、今回、この科目では教授から与えられた副教材やサンプル問題などにあらかじめ全て目を通して、自分で実際に全てを解いてみるということをずっとやってきたので、教科書の知識がより実践的な形で自分の頭に残っていたことが、広範囲の議論になりがちなグループワークでの議論でリーダーシップを取ることに役立ちました。

モジュールの最初の方に一緒に飯を食べに行ったりしたのも良かったかも。やっぱりミーティング以外の部分でも親しくなると、グループワークでもお互い性格なんかが分かってきて、やりやすくなるものなんですよね。2年生になって、アメリカ人自身もインターンシップの経験やインターナショナルとの付き合い方なんかも慣れてきている、ということもあって、最初にビジネススクールに来た時と比べると、比べ物にならないくらいミーティングがやりやすくなりました。
今回のメンバーはこれからも大切にしていきたいと思います。
[PR]
by vandytaku | 2005-10-03 03:03 | 勉強
ECB訪問
今日は今回授業を担当している先生の主催で、フランクフルトにある欧州中央銀行を訪問しました。
現在のサマーコースでは、主にヨーロッパのECとユーロ統合に関してのトピックについて学んでいるのですが、こうやって実際にその舞台と中枢を見学することができ、非常に良い経験をしました。

ECBはシャウシュピールハウスというオペラハウスの向かいにあるビルに入っています。
空港並みのセキュリティチェックの後、専用のエスカレーターでプレスルームへ。ここは世界各地の記者への会見が行われる部屋で、何度となくテレビで放映されていたのを覚えていたのですが、こうやって実際に記者席に座ると、感慨深いものがあります。
b0043019_2173013.jpg

ユーロがプリントされた包装紙にくるまれたお洒落なチョコやクッキーなどが飲み物と一緒に最初にサーブされるのですが、NYで経験したプレゼンの雰囲気とはまた違う雰囲気で、どことなく歴史の深さやお洒落なセンスを感じさせるものでした。さすがヨーロッパ。

二人のアナリストによるプレゼンの後で質疑応答だったのですが、担当されたアナリストの方のパーソナリティが素晴らしく、非常に充実した訪問になりました。

ちなみに夜はライン川近くのMaxwell Brewryでクラスメートと他のコースの人たちとの交流会。今回はケースウェスタンからこられている二人の日本人の方とも知合いになることができました。

勉強はかなりきついですが、刺激的な毎日で非常に一日が長く感じられるセミナーです。
本当に来てよかった!
[PR]
by vandytaku | 2005-05-11 07:08 | 勉強
WHUサマープログラム スタート
今日からWHUの夏の交換留学プログラムの開始です。
WHUは、ドイツ唯一のオフィシャルなビジネススクールで、ドイツではかなりの名門。ミシガンやケロッグともジョイントで国際プログラムを主催したり、世界中のビジネススクールと交流を行っています。とはいうもののまだ歴史は浅く、フルタイムの大学院としてのプログラムも今年からスタートということです。

b0043019_2153076.jpg
昔の富豪の邸宅を改修して利用している旧校舎

b0043019_21532211.jpg
授業が行われる新校舎


校舎自体もOwenと比べると非常に小さく、こじんまりした印象です。

WHUは2セクションの同一内容のサマープログラムを主催していて、それぞれの学校のテストなどのスケジュールに応じて、選択できるようになっています。私が参加したのは後半のセクション2。

Owenのほかには、Columbia, Michigan, Indiana, Olin, SMU, UNC, Case Western, NYU などなど、これはまた全米の名門校から学生が集まってきています。
皆本当にいい人たちで、すぐに仲良くなることが出来ました。特に皆海外に興味がある人たちの集まり、ということで、もしかすると普段のOwenのコミュニティーよりもっと親密な関係を築くことが出来るかも、というくらいフレンドリー。

この日の夜はコブレンツのダウンタウン(自分が滞在しているホテルの近く)でパーティ。
ここでWHUのPHDのプログラムを受講中のドイツ人二人と知合いになることが出来たのですが、色々とドイツねた、日本ねたで盛り上がりました。

普段から「オレは一番だ!」ということで自信たっぷりのアメリカ人と比べて、やはり自動車産業などのハイテク産業で直接競争をしている影響なのか、ドイツの人たちは非常に親日で日本人を尊敬している反面、かなり日本を静かにライバルとして認識しているそうで、そういう意味でも日本に対して興味がある人が多いんだそうです。

色々と興味深い話を聞くことができましたが、またこの辺の話はおいおいアップして行きたいと思います。
[PR]
by vandytaku | 2005-05-09 21:29 | 勉強
ModIVスタート!
最近更新が滞っておりますこのブログですが、春休み以降非常に忙しい日々を過ごしております。ただ休暇中の出来事をはじめとしてネタはかなり仕入れておりますので、また追い追い過去の分の日記も書いていこうかと。
ModIVがスタート、あと7週間でもう1年間分のプログラムが終了するなんて、時間が過ぎるのは本当に早いものです。
さて、このModIVですが、3科目~4科目を履修するのが普通なのですが、今回私は次の5科目を取っています。



Marketing Engineering
Tom Novakという看板教授のうちの一人が教えてます。この科目では普通SPSSやSASといった統計ソフトの使い方を学ぶ内容が多いと思うのですが、このクラスでは統計学を基本とした様々な技術的な手法を使って様々なマーケティングのモデルを構築して分析に活かすというアプローチで授業が行われます。予習復習が大変ですが非常に面白いです。

Business in the World Economy
マクロ経済ですね。必須科目のうちの一つなのですが、よりInternationalに重点を置いていて楽しいです。

Internet Technology & Applications
e-Businessをより技術的な側面から捉える授業。実際にHTMLやJavascriptなどのプログラミングなども行います。

Information Tech. & Internet Commerce
e-Commerceの授業ですね。e-Commerce戦略全般と実際にWebStoreなどの構築などを行ったりします。

Consumer Behavior
消費者行動分析の科目です。取り上げられるケースが日本でもなじみの多いポケモンやブルーマウンテンコーヒーなど、ただアメリカ人の消費者行動なので、たまに理解できない部分もありますが、それはそれで楽しいです。



他のアメ人からは、"You are crazy!"と言われてるんですが、別に自分は就職活動とかもないし、次のModIでファイナンスの科目を取ってみたいと思っているので、思い切って5科目にしました。月・水1コマ、火・木4コマということで非常に忙しいです。特に月・水の夜は泣きが入ってますが、ModIのコアの時と比べると、自分の専門よりな科目ばかりなので、精神的にはましです。ただ、Yさんはじめ、他の日本からの留学生の中には5科目取っておられる方も結構います。日本人は勤勉ってことなんですかね、わっはっは!

また落ち着いたら授業レビューなどをしていきたいと思っております!
[PR]
by vandytaku | 2005-03-14 05:42 | 勉強