MBA留学中のテネシー州ナッシュビルからお届けします。 Presented from Nashville, TN!
by vandytaku
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最後のフライト
今回は前回行くことが出来なかったモンマルトルやマレにも行くことが出来たし、モンマルトルではカフェで話しかけられたフランス人の芸術家二人組みと日本トークで盛り上がって楽しかったです。
b0043019_511651.jpg


ふと思い立って日帰りで行った凍える風の吹き荒れるモンサンミッシェルは寒かったです。(殆ど誰もいませんでした)
b0043019_4514297.jpg

ただ、思ったのは、想像通り、フランスはフランス語をちゃんと勉強していかないと辛いですね。ドイツの場合、大抵英語が通じるんですけど、フランスの場合は表示とかも英語があまりないし、英語を(知ってても)話さない人多いですからね。

帰りのフライトはアメリカン航空だったのですが、丁度担当の機長が定年を迎えるとのことで、生涯最後のフライトだというアナウンスがフライトアテンダントから入り、続いて機長からの挨拶が。奥さんも実際にこの最後のフライトに乗ってるとのことで、機内全体に拍手が沸きました。アメリカらしいですね。フライトアテンダントたちも花束をかたどったブローチをつけていて、特別なフライトという印象です。
機長自身、最後のフライトを楽しんでいるのか、もうすぐアメリカ大陸だとか、シカゴの高層ビルが見えるとか、時折解説アナウンスが。シカゴ空港は雪で、かなりの風も吹いていましたが、全くショックのない見事な着陸。また機内に拍手。

最後に飛行機から出るとき、機長も外に出てきて乗客と一人一人握手してたのですが、乗客から祝福を受けながらとても幸せそうな顔をしていて印象的でした。こういう形でリタイアできるなんていいですよね。

今自分はビジネススクールでどちらかというと目先のビジネスの勉強をしているわけなんですけど、たまたまこういう珍しい場面に遭遇して、ふと自分の人生の幸せって何だろう、幸せなリタイアって何なんだろう、と遠く思いを巡らせながら入国審査の列に並んでいました。
[PR]
by vandytaku | 2005-12-20 04:48 | 旅行
<< Vanderbilt MBA ... シノワ >>